私はこのようなが静かなことが好きです

October 31 [Mon], 2011, 23:06
一人が午後日光がある部屋の中で静かに1冊の本を読むことが好きで、ゆっくりとその内包を読んで分かって、窓台の上の花はなまめかしく開いていて、黙々としてのは香りを打ち明けて、またひっそりしてい枯れて、例えば時間流れ去って、四季交替します。ピンク色のカーテンは風向き次第で揺らめいて、良い気持ちを交換して、このようであっさりしていて、めでたくて、静かな生活は私が要ったのです。

たたずんで窓台の前に空を仰ぎのぞんで、細い数の白い雲のかたまりのつ、1人の会雲の息子はちくちくと巻き付いて、1会はまた子供のが走るのが遠くなったようで、あのようなはのどかで、あのような満足するのも1種がおだやかです。
斜陽の下で歩いて、夕日の暖めたのはjimmy choo ugg
身で照らして、ほほえみのお相手をすること、風がかるやかで吹いてきて、スカートの角は高く上がるのに関わらず、深く息を1口吸い込んで、全身活力を注ぎ込むようで、すべてそんなに自然で、そんなに淡泊です。

たまに、目を閉じて何も思わないで、それでは混乱がと複雑にすべてよけるのが遠くなって、ただ静かに心の音に耳を傾けて、本当に良いと感じます。
  実は生活するのがこんなに簡単で、一心に生活を抱擁するのでさえすれ(あれ)ば、回想している時やっと知っていて、静かなのは1種の幸福です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:幸福
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yabbbknl/index1_0.rdf