歯の再石灰化を促進

April 29 [Wed], 2015, 16:42
キシリトールは、糖アルコールの一種。

これは糖に水素を反応させて得られるもので、構造中にアルコール基をもつことからこう呼ばれますお酒のアルコールという意味ではありませんので、その点は勘違いなさらないように。

キシリトールは、シラカバなどの樹木に含まれる糖分(キシロース〉から得られた成分で、砂糖とほぼ同等の甘味をもちます。

砂糖よりはややあっさりめ。

爽やかな味わいが特長で70カロリーは3kcalと、やや低くなっています。

キシリトールですぐに思い出されるのは、「饅を丈夫にする」「虫歯になりにく副といわれるガム。

キシリトールは虫歯の原因となるミュータンス、レンサ球菌などに利用されず、酸を産生せ吠さらに歯の再石灰化を促進するため、こうした働きが期待されています。
P R