2006年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像Gトモ
第87回全国高校野球選手権大会D (2006年01月15日)
アイコン画像一花
第87回全国高校野球選手権大会D (2005年08月10日)
アイコン画像Gトモ
第87回全国高校野球選手権大会C (2005年08月08日)
アイコン画像一花
第87回全国高校野球選手権大会C (2005年08月08日)
アイコン画像Gトモ
第87回全国高校野球選手権大会A (2005年08月05日)
アイコン画像Gトモ
祝・500号 (2005年05月10日)
アイコン画像Gトモ
史上初の交流戦! (2005年05月08日)
アイコン画像ゆう
史上初の交流戦! (2005年05月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ya_gtomo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
チケット獲得♪ / 2006年06月13日(火)
ジャイアンツはん、調子悪すぎどす。
4月の勢いはどこへやら・・・。

主力が次々と怪我で脱落していく中、
奮闘していた若手の矢野くん。疲労骨折だって・・・。
この呪われた現象はいつになったら解き放たれるの・・・?

そんな今日、e+の抽選販売で8月2日のチケットを購入できました♪
対戦カードは「巨人VS.阪神(東京ドーム)」。
7月に甲子園で「阪神VS.巨人」を2試合観戦してきますが、
東京ドームでの阪神戦は生まれて初めてみます☆

今まで東京ドームで唯一観てなかった相手が阪神タイガース。
ようやく、念願のホームでの阪神戦が観戦できます^^

3月31日:横浜戦(東京ドーム)
4月02日:横浜戦(東京ドーム)
5月11日:オリックス戦(大阪ドーム)
6月25日:中日戦(ナゴヤドーム)
7月18日:阪神戦(甲子園)
7月19日:阪神戦(甲子園)
8月02日:阪神戦(東京ドーム)

今年7試合目の観戦決定!!!!

せっかくなので、一般発売で8月3日の試合も狙ってみようかな。
あと、8月4日〜の横浜戦も狙いたい♪
 
   
Posted at 12:40 / GIANTS関連 / この記事のURL
コメント(0)
北京オリンピック代表監督 / 2006年05月25日(木)
北京五輪まで、あと2年。
野球の日本代表監督は誰になるんでしょうね?

報道などを見ていると、
長嶋茂雄アテネ五輪代表監督
王貞治ワールド・ベースボール・クラシック代表監督(プロ野球ソフトバンク監督)、
星野仙一阪神シニア・ディレクター
山本浩二前広島監督
などなどが候補に挙がっているようです。

まー、監督よりも誰が選ばれるのかが気になります。
ペナントの真っ最中ですし、また各球団2人まで…とか制約がつくのかなぁ。
 
   
Posted at 15:42/ この記事のURL
コメント(0)
連続出場ストップ・・・。 / 2006年05月12日(金)
5月12日、巨人時代から続いていた日米通算の連続試合出場が遂にストップ。

米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜は12日(日本時間)、本拠地でのレッドソックス3連戦最終戦に「5番・レフト」で先発出場したが、1回守備中に左手首を骨折するアクシデントに見舞われ退場。前日まで更新中だった連続試合出場記録は、日米通算1768で途切れた。(スポーツナビ)

巨人に入団した1993年8月22日から続いていた記録。
何度か怪我で途絶えそうになった事はあったけれども、
それを乗り越えて、メジャーに挑戦した後も続けていた記録。

日米通算の連続出場は1768試合。
大リーグデビュー以来518試合連続出場は歴代1位。

過去に1500試合連続出場を果たしたのは日米合わせても、
カル・リプケン(2632試合)、
衣笠祥雄(2215試合)、
ルー・ゲーリック(2130試合)の3人しかいません。

常に全力プレーを心がけ、この日も必死に打球に喰らいついての骨折。

喫煙はせず、アルコールもワインやビールをたしなむ程度で、徹底的に節制してきたが、紙一重の勝負を1シーズン162試合続ける中では防ぎきれないアクシデントもある。
「目標は世界一。そのために毎日、一番いい状態でグラウンドに立ちたい」と話し、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表を辞退して今季に懸けていただけに、ショックも大きい。
 
   
Posted at 13:19 / メジャー関連 / この記事のURL
コメント(0)
重い・・・。 / 2006年04月28日(金)
絶好調のGIANTS♪
久々のスタートダッシュで嬉しい限りなのですが、
ここの日記は放置気味。(というより放置?)

何度も何度も更新しようと思ったのに、
21時頃からサーバーが激重で更新不可能状態。
ページが表示されない、中々ページが進まない、
書いた記事が反映されない・・・。

ヤプログは重過ぎるわ・・・。
最近は若干緩和されたみたいやけど、不具合が多すぎる…。
ま、しゃーないけど。

 
   
Posted at 23:04/ この記事のURL
コメント(0)
あけましておめでとうございます(遅) / 2006年01月17日(火)
なんだか、すご〜〜〜〜〜く久しぶりの更新です。
まぁ、オフシーズンですからご勘弁を。
(・・・というより、ここ読んでる人って居ない気が。。。)

えっと・・・オフに入ってから色々とありました。
豊田と野口がFAで巨人に入団。
江藤と小田がFA補償で退団(移籍)。
なんだか、戦力がUPしたのかDOWNしたのか微妙。
江藤はともかく、小田の移籍はかなり痛いです。

ここ数年活躍していない野口と、
ここ数年、阿部の控えとして第2の捕手の座を獲得した小田。
ぶっちゃけトレードした・・・と言っても過言ではないのでは。
確かに野口はビッグネーム。実績も十分。
対する小田は、清原に苛められてる印象しかない捕手。

でも、でも、それはあくまで他球団から見た視点。
Gファンからすれば、「小田」は縁の下の力持ち。
この人が居なければ、今年のGは最下位だったんじゃないか?!
それくらい阿部の穴を埋めてくれたし、
これから先の事も考えればかなり重要な戦力だったはず。。。

挙句の果てに同一リーグのセ・リーグに移籍。
最悪としか言いようがないです・・・。ショック・・・。

さて、話は変わりますが、今季のGのユニホームが完成しました☆
なんだか、変わったような・・・変わってないような・・・。

 
   
Posted at 01:28 / GIANTS関連 / この記事のURL
コメント(0)
新入団選手 / 2005年11月18日(金)
昨日、中日からFA宣言していた野口投手の巨人入りが決定。
約4年ぶりのFA選手獲得となりました。
・・・は良いけど、巨人の若返り政策はどうなったんだ?!

まぁ、原監督は原監督なりに考えがあるのでしょう。
とりあえず来季が始まるまでは、大人しく巨人の戦力補強を見守ります。

さてさて、今日は大学生・社会人ドラフト。
前回の高校生ドラフトに引き続き、投手中心の新人獲得となりました。

【希望入団枠】
◆福田聡志(ふくだ・さとし)投手=東北福祉大
1983年9月12日生。右投右打。180センチ76キロ。

【3巡目】
◆栂野雅史(とがの・まさふみ)投手=新日本石油
1984年10月19日生。右投右打。186センチ89キロ。

【4巡目】
◆越智大祐(おち・だいすけ)投手=早稲田大
1983年6月3日生。右投右打。184センチ84キロ。

【5巡目】
◆脇谷亮太(わきや・りょうた)内野手=NTT西日本
1981年11月4日生。右投左打。176センチ74キロ。

【6巡目】
◆深田拓也(ふかた・たくや)投手=中京大
1983年4月23日生。左投左打。179センチ70キロ。

【7巡目】
◆会田有志(あいだ・ゆうし)投手=中央大
1984年1月30日生。右投右打。178センチ75キロ。

【8巡目】
◆梅田浩(うめだ・ひろし)捕手、外野手=創価大
1983年10月25日生。右投右打。185センチ87キロ。

ふーむ。。。
この中から来季以降のジャイアンツを背負って立つ男はいるのかな。
希望枠の福田聡志は早くからジャイアンツが注目してましたけど…
・・・なんだか、もうピークを過ぎてるような気が。。。

すごく伸びのある、あのストレートが復活すれば、
リリーフ・ストッパーとして面白い逸材なんだけどなぁ。

今日の添付画像はFAで入団した野口投手。
 
   
Posted at 20:24 / GIANTS関連 / この記事のURL
コメント(0)
ありえないよ・・・原監督。。。 / 2005年11月08日(火)
今日の昼頃、いつものようにネットでプロ野球ニュースをチェック。
元木が引退した時と同じくらいの衝撃を受けました・・・。
内容は・・・

シコースキーの退団発表 巨人がウエーバーを申請(共同通信)

巨人は7日、ブライアン・シコースキー投手(31)の退団を発表した。この日、セ・リーグにウエーバー公示手続きを申請した。本人は引き続き日本でのプレーを希望している。
シコースキーは巨人入りした昨季に62試合、今季は球団の年間最多登板記録を塗り替える70試合に投げて7勝1敗の成績を収め、中継ぎとしてチームに貢献した。球団は契約を更新する予定だったが、原辰徳監督を迎えた新体制の戦力構想から外れた。


信じられませんでした・・・。信じたくありませんでした。。。
別にシコースキーの絶対的なファンってわけではありませんし、
外国人の中継ぎ投手で防御率3点台ですから、
監督としては不安に思うかも知れません。

だけど!!!
70試合も登板してだよ?!
特に今年なんて、勝ってても負けてても登板させられて・・・
とにかくフル活用されての防御率3点代。
これほどまでの優良外国人を解雇にするだなんて・・・。

球速も大体150km/hくらいは出てるし、
コントロールは悪いけど、フォークボールも覚えたし、
スライダー・チェンジアップは十分通用するし。
精神的な脆さはあるけど、
近年獲得した外国人投手の中ではNo1だよ。。。

球団側は来季も契約する方針だったみたいですけど、
原監督は、構想外だったんですね。。。はぁ・・・

ここ数年間のシコースキーの成績
2002年/ロッテ/防御率3.44/47試合/4勝6敗2S
2003年/ロッテ/防御率3.16/47試合/4勝6敗1S
2004年/巨人/防御率2.67/62試合/5勝3敗5S
2005年/巨人/防御率3.29/70試合/7勝1敗0S

まぁ1点差ゲームとかの接戦では、
打たれるシーンもありましたけど、結果的に敗戦は1。(今年)

中継ぎ投手再編も何も、
これほど便利な中継ぎ投手なんていないよ・・・。
年俸だって決して高くないし、ありえない。。。

山本・元ヘッドコーチが連れてきた選手だから、
原監督は好きになれなかったのかなぁ・・・。
巨人はシコースキーを放出したこと・・・絶対後悔する。

シコースキー・・・今まで有り難う

 
   
Posted at 01:04 / GIANTS関連 / この記事のURL
コメント(0)
お久しぶりです・・・ / 2005年10月20日(木)
9月以降の更新率が非常に低い「野球日記」。
決して野球熱が冷めたワケではありません。
・・・が、更新するネタも思いつきません。。。

今週末より日本シリーズが開幕します。
阪神タイガース VS 千葉ロッテマリーンズ

かつてはセ・リーグとパ・リーグの常連最下位チームだった者同士ですな。
阪神10連敗!
ロッテ18連敗!なんてニュースもよく(?)耳にしたものです。
 
   
Posted at 15:27 / プロ野球全般 / この記事のURL
コメント(0)
原監督就任&元木引退 / 2005年10月05日(水)
きました!やっときました!待ってました!!
祝・原辰則監督復帰!!

あの爽やかな笑顔♪ ジャイアンツ愛
待ってましたよ、この時を
数年前にフロントとの確執で事実上の解任を言い渡されましたが、
やはり今の巨人にとって必要な監督は原さんだけだわ

2006年は頼みますよ☆
優勝できなくてもアナタなら今後も付いていきます!

さてさて。
そんな中、数日前に突如、戦力外通告を受け、
今シーズン限りでの引退を表明した、巨人一筋の元木後藤

後藤はそろそろ引退しそうな気がしてましたが、元木の引退は衝撃的。
今季も約60試合に出場し、打率はしっかり3割を超えています。
2軍でも3割を超える安定した素晴らしい成績。・・・なのに戦力外。

球団が進める若返り政策の一貫でしょうが、
元木は内野ならどこでも守れる抜群の野球センスと、
チャンスで滅法強く、相手の配球を読む腕は天下一品。
長嶋監督からは「くせ者」と呼ばれ、
ファンからも絶大な人気を誇った巨人の中心選手。

巨人から戦力外通告を受けた際に、
オリックスや楽天あたりが興味を示していましたが、
元木のジャイアンツ愛は不変!!

1年浪人してまでこだわったジャイアンツのユニホーム。
「生涯ジャイアンツ」を貫き通し、今日の試合で引退しました。

元木はまだまだ現役でやれる実力を持ってるだけに、
巨人(球団)の横暴な戦力外通告には怒りが・・・・。
確かに1億円という年俸は高いけどさ・・・・。
でも、元木はまだ必要だよ・・・。はぁ・・・・・ショック。

後、條辺まで戦力外通告しやがって・・・・。
條辺を酷使させたのは誰だよ!!(あ、長嶋&原か・・・)
ん〜、厳しい世界ですね・・・。


 
   
Posted at 23:30 / GIANTS関連 / この記事のURL
コメント(0)
弱小ジャイアンツ / 2005年09月18日(日)
ジャイアンツは球団創設3度目のシーズン70敗に到達。
まぁ今年は146試合と例年より多目の試合数でしたけど、
ここまで負けまくったジャイアンツを見たのは初めてです。

このままだと、どこまで負け続けることやら。
もうすぐシーズンは終わりますけどね。
そもそも3位で終わった03年に、
原監督を辞めさせるからこうなるんや。。。

長嶋監督→原監督
スムーズに世代交代したってのに・・・。(監督は)
原監督の場合、例え最下位になっても監督を続けさせるべきです。

そりゃ采配を批判したくなる時も多々あるけれど、
監督をコロコロと数年で代えてたら、
チーム構成なんてあったもんじゃない。

常に優勝・日本一を宿命付けられているジャイアンツ。
監督業は相当なプレッシャーが掛かり、
FAで即戦力選手を補強し、優勝を目指すのは分かりますが、
やはり将来性のある若手を育てるべきです。

常勝軍団を作るなら多少の低迷は仕方ありません。
今シーズンはそのキッカケとなってくれれば・・・・。

ジャイアンツがどんなに弱くても、
どんなに人気が落ちようとも、これからも応援し続けます。
 
   
Posted at 01:30 / GIANTS関連 / この記事のURL
コメント(0)
  | 次へ  
 
Global Media Online INC.