【グルメ】とても興味深いつけ麺が食べられる『麺屋 壱福』で至福の時をすごす

June 01 [Sat], 2013, 14:15
ロケットニュース246月1日(土)10時0分
画像:【グルメ】とても興味深いつけ麺が食べられる『麺屋 壱福』で至福の時をすごす

とても興味深い「つけ麺」を紹介したい。もちろん味も申し分なく、そして地域住民にも大人気のラーメン屋だ。とりあえずは、この記事のつけ麺写真を見てほしい。シンプルだけど美味しそうなつけ麺である。しかし何かが違う。一般的なつけ麺と何かが違うのだ。

・麺をお湯に浸かった状態で出すラーメン屋は稀
よく見ると、麺が入った丼にお湯が入っているのがわかる。実はお湯ではなくダシ汁に浸かっており、その温度はかなり高い。つけ麺の麺をお湯に浸かった状態で出すラーメン屋は稀である。この店の名は『麺屋 壱福』。

・いつでも熱々の状態で食べられる
麺を高温のダシ汁に浸けた状態で出すことにより、寒いときでも冷めにくく、いつでも熱々の状態で食べられるというわけだ。筆者は素人考えで「のびちゃうんじゃないの?」と思ったが、最後まで「のび」を感じることなく食べることができた。お店は当然ながらプロ。そこまで考えて麺を選別しているのだろう。

・ダシ汁が麺を覆った状態でつけ汁に運ばれる
なによりも素晴らしいと感じたのは、ダシ汁に浸けることによって生まれるメリットがたくさんあるということ。麺が冷めないのはもちろんだが、ダシ汁が麺を覆った状態でつけ汁に運ばれるため「ウマミ」がどんどん変化していくのである。ダシ汁によってつけ汁が薄められるが、ダシの力によって「味が薄くなる」という流れを防いでいるどころか、新しい美味しさを麺を運ぶたびに感じさせてくれるのである。

・爽やかなウマミに変化していく
麺にダシが浸透して深い味わいになっているのも素晴らしい。麺が「麺だけの味」ではなくなり「ダシ汁+つけ汁+麺」という三重奏を奏でるのである。つけ汁は魚介ベースの濃厚系で、最初はガツンとくる濃厚なウマミだが、麺とともに運ばれてくるダシ汁によって爽やかなウマミに変化していく。描かれる美味しさのグラデーション。

・麺をダシ汁に浸すメリット
麺が冷めないまま最後まで食べられる
ダシ汁がつけ汁にウマミを運んでウマミが変化していく
ダシ汁が麺に浸透して麺の美味しさにプラスの変化を与える

・非常にワクワクするつけ麺
このような珍しいタイプのつけ麺やラーメンに出会うと非常にワクワクする。そのワクワクに味が伴っていれば、なおさら気分が高揚する。また機会を見計らって訪れたいと思う。ごちそうさまでした。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名  麺屋 壱福
住所 北海道釧路市鶴ヶ岱1-1-19
時間 平日11:00〜15:00 17:00〜20:00 / 土日11:00〜20:00
休日 月曜日

Report: Kuzo.
引用元:http://news.biglobe.ne.jp/trend/0601/rct_130601_1114836127.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エメラルドYes
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ya15yap/index1_0.rdf