新年 

2006年01月09日(月) 23時25分
あけましておめでとうございます。

全然更新していなくて、自分でさえこのブログの存在を忘れていたのに、
細々と見てくださる方がいらっしゃって、びっくりです。
とてもうれしいです!

そして申し訳なくなったので思わず更新する気になりました(笑)
もしよろしければなんでもいいので一言でもよいので
コメントを残していってくださるととってもうれしいです!

今日は何を書こうかと思ったんだけど…
そうなの、と感じたことを記します。

  ―ねえ、《帰る》っていう字があるでしょう。
  この字、中国語だと《嫁ぐ》という意味にもなるんですって。
  というのは、結婚する相手のところが、
  自分の、本来いる筈のところだということね。
  《女は嫁に行ったら、死んでも戻るな》的な、
  勝手な《道徳》の意味で言われたら困る。
  でも、誰かと会って、《あ》と思う。
  そして、この人は、自分が生まれる百万年も前に、
  どこかで一緒にいた人だと思えたらいいよね。
  帰ってきたんだ、リターン出来たと思えたら、本当にいいよね

                               (北村薫『ターン』)

ここから立ち上がる勇気が 

2005年10月28日(金) 21時46分
ある人が言った。
しあわせの効能がある人がそばにいる人なんだよって。

そんなこと最近すっかり忘れてた。

一緒にいるためにがんばることも大事だけど、
がんばって、がんばりすぎて、
知らないうちに心をすり減らしていたところもあるかもしれない。

でも色々なことを、なかったことにはしたくないから、
前を見てがんばっていこうと思う。

もっと自立した人間になるために、自分の気持ちと向き合ってみるために、
今日から毎日なにかを記していきたい。

また新しい月がやってきて、私は生まれ変わる 

2005年05月01日(日) 23時52分
もう5月なんだなぁ。時が経つのは早すぎる。
今年は何しようかな。

実は、大学1年の時から続けてきたアルバイトを、やめました。

なんでがんばってたかって、どうしてがんばれたかって、
それはきっと、本ってメッセージ性があるものだから。
多くの人に影響を与えられる、そんな本を、
求めている人に出会わせてあげることができることが
うれしい、ってきっと分かってたから。
あーんなにたくさんのモノが置いてあって、
一見同じもののように見えるけど、
単に何枚もの紙が連なっているもののようにも感じられるけど、
読む人に、それぞれのメッセージを与えられる、
悲しいときに元気をもらえたり、人生を後押ししてくれるような、そんなものって…

利用してしまっているのかな 

2005年04月30日(土) 23時38分
分からないよ。
今のこの状態を続けてしまっていてはいけないのかな。

楽しいだけじゃやっぱりダメなのかな。
こんな気持ちでいるって知ったらやっぱり傷つくのかな…

先が見えないよ。

迷いがあるなんて…
不誠実かな

誰かと一緒にいるってどういうこと?

こんなことが分からないなんて、やっぱり私は子どもだなぁって実感する…

ずーっと、ずっと一緒に生きてく人を見つけることって 

2005年04月26日(火) 22時07分
奇跡だよね。

誰かと生きていくためには、自分の弱いところも汚いところも見せなきゃダメで。
ありのままの自分を受け入れてくれる人を見つけるのってやっぱりむずかしい。

だけど、本当に不安なのは、
「私」が弱さを見せられるかどうか、っていうこと。
たった一人でいい。
自分の全てをさらけだして素直でいられる人を作れることができたら幸せ。
ある意味「強さ」だよね。
勇気がなきゃできないと思う。

私は、今の私は、
弱い。

弱いところを見せられない。
嫌われるのが怖いから。
誰にでもいい顔をしちゃう。
それで私を気に入ってくれる人もいるけど、
さらに怖くなる。
それって本当の私じゃないよ。
もっと私を知っても、それでも気持ちは変わらない…?

強くなりたいな。
自信をもって、誰かを好きって言えて、
そしてその相手に好かれたら…

最高にハッピーだろうなぁ。

そんな結婚をしたい。
ずっと全てが緩やかに流れていくような、限りない穏やかさの中で。

私の夢であり、目標です。


お金と夢と私と 

2005年01月17日(月) 9時45分
自分の中で何を大切にしたいって、わりと簡単に変わってしまうものですよね。

福利厚生も充実した大きな企業で安定したお給料をもらうこと。
小さな会社で、たとえ安月給で私生活の充実が図れなくとも、ほんとうに興味のある事を追求していくこと。


どっちがいいんでしょう。

どっちがいいなんて、ないから。

最初はよく分からなくて、というよりも、
自分のやりたいことって何だろうっていうことに思いをはせることが多かったから、
就活っていうのは当然後者にもとづいて行うべきだろうって考えてた。

でも最近は、会社に入って何がやりたいか、だけじゃなくて、
どう働きたいか、何のために働くのかっていうのを強く考えるようになってきた。

実際に働く姿って言うのを思い浮かべるようになってきたからこそ、
働くって、お金をもらうためだけじゃない。
たくさんの刺激を受けて、また誰かを刺激して、
自分を成長させることのできる場なんだってことを前よりも理解できるようになれたと思う。

自分の中に、ささいなことで揺らいだりしない大きな軸がほしいだなんて
考えたりもするけれど、
自分を変えていけないことも悲しいことだから、
そう思うと、明日の私が今日と違う自分であったとしてもこわくはないように思える。

ピアスをつけたい 

2004年11月03日(水) 23時15分
ピアスって最近じゃふつうで、みんな「ピアスピアス」って言ってるけど、
ピアスって…”pierce”ですよ!?
貫いちゃうんですよ!!??
いたーい。。

なぁんて言っちゃってみましたが、かく言う私もピアス大好きです。
だってかわいいんだもん。
イヤリングは耳圧迫しちゃってなんだか痛いし、
なにより落っことしちゃうことが多いんだもん。

アレルギーがなければなぁ。
穴は開いてるからつけれるのに。。
プラチナだったらいいんでしょうか…くすん

1+1が3になれる人が私が好きになれる人 

2004年11月03日(水) 2時07分
今日の名言ですね↑

ゼミ後、高校の友達と渋谷で飲む。
飲むって言うか、最初デザート王国でエ食いしてからやっぱり飲みたいねってことになって
ロックアップへ。
私は初挑戦もとい初犯でした。ミニスカポリスのお姉さまに連行されました。
悪い気はしないですね。うむ。
てゆうか入り口からまず怖かったから!
一人でぎゃ〜とか叫んで、嫌がる友達に無理やりしがみついてました。

中盤のイベントはなかなか…ですね。普通にこわいってば。
こわいあまり囚人の人と握手してしまってました。
お疲れ様です〜って、何疲れねぎらってるんだっていう、軽く意味不明な。

エンタテイメントは好きなのでこわいけどけっこう気に入りました。
個室っていうのもすごくよいし。深い話が色々できました。特に恋愛観。ぶっちゃけて話したね。

1+1が3になれる人が私が好きになれる人

はい、目からうろこが落ちました。
姉さんついていきます。

天使にラブソングを 

2004年11月01日(月) 19時42分
映画ネタ続きで申し訳ないですが、これ、また観ちゃいました。
Hail Holy Queen!大好き!!
高校の合唱で歌ったなぁ。なつかしい☆★
私の高校はプロテスタントで、毎朝礼拝があって、
思い返せば6年間毎日賛美歌うたってたんだなぁ。
よく考えるとすごい…
逆に6年間キリスト教に触れ続けてたのに、洗礼受けて入信しようって思ったことが
一度もないっていうのが不思議とも言える…けど(笑)

う〜ん。
そもそも宗教ってなんだろう。
私は、そんなわけで毎日聖句を目にしたり耳にしたりしてたわけですが、
不思議とふざけんなキリストなどとは思ったことはなく(いや、ホントに)、
かと言ってやはり信者ではないんだけど、
自分の人生とか、人と一緒に生きるとかっていうことを考えた上で、
根本的に大切なことを教えてくれるものが多かったように思う。
だから、素敵だなぁって思える聖句は大事にしてたし、
自分の人生を捧げるくらい信じられるものがあるっていうことは
ある意味とてもうらやましいことでもある気がした。

大切なものが増えるっていうのはこわいことじゃないのかな。
それとも大切に思えるもののために強くなれるのかな。

宗教を信じる人って、現実に向き合うことができなくて、でもそれをどこか正当化するような風に、宗教に逃げてるっていうようなイメージが、ある。
恥ずかしい偏見だけど、それは絶対に間違っているけれど、
でも私は答えを出せない。

信仰に生きて、その強い思いがその人たちなりの人生を貫いて、
立派に「生きた」っていう証になるとしたら、
私の「ほんとう」ってなんだろう。
そう考えたらよっぽど宗教一色で生きている人の方が充実しているような気がする。

自分の納得できる生き方をしたい。
自分に正直に、私も他人に優しく生きたい。

それに、もし事実宗教に逃げてしまったとしても、
逃げることは悪いことじゃない。
生きる力になるなら。

話がすごくずれちゃったけど、まぁそんなわけで宗教はアツイものですね。
賛美歌は信仰の叫びです。
でそんなことを漠然と考えてか考えてなかったか分かんないけど、
Hail Holy Queenを楽しそうに歌ってるシスターたちを観てたら、
胸が熱くなって、なんとも幸せな気持ちになっちゃって思わず泣いちゃいました。

人生をよりあたたかな幸せで満たしたいです。

実は5連休 

2004年11月01日(月) 18時21分
だった。のに、何したってわけじゃない感じ。これってすごいよくないことだよね。
だから最近は時間に余裕があればとりあえず映画を観るようにしてます。
昔は本読むのが多かったんだけど、最近はもっぱら視覚メディアに依存してますね。
何を観るかって、別に定評があるものでなくてもかまわない。
私常識ないから有名なものは知っておかなきゃって思うし、
もちろんおもしろい映画に越したことはないけど。
でも、どんなに無名な作品であっても観て何も得られないことってないと思うから。
この映画は好きじゃなかったとか、意味が分からなかったとか、
たとえ観たのが時間の無駄だったとさえ思っても、
その映画によって私は何らかの影響を受けてるはず。

たくさんの映画を観て、少しずつ何かを吸収していって、
時にはこの先ずっと心に残るような、人生をどうしようもなく変えてくれるような、
ハッピーになれるような、
自分にとってたった一つの名作に出会えたら
すごく素敵だな。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y_stella
読者になる
Yapme!一覧
読者になる