治療してもらいました。 

2006年01月29日(日) 23時28分
木曜日に休みを取って、ひさびさに師匠に治療してもらいに行ってきました。

しかも朝起きたらカゼっぴきビンゴ。体バリバリやし、ヘルペスもできてたし、私の副交感神経は体の中で仕事をしてないのでしょう、きっと。

今の自分の体の状態って、なんかもう凝りすぎてて疲れすぎてて、どこが悪いんかようわからへん状態。とりあえずしんどい。

でも最近、胸鎖乳突筋を無意識のうちによくつまんでるし、肩は重たいかも。そんなことを思いながら言いながら治療してもらいました。

責任TPはやっぱり胸鎖乳突筋やったみたいで、初めて胸鎖乳突筋に鍼をうたれました。それから、右の肩甲骨まわりのボリボリ鳴ってるところ。

治療後はうたれた痛みが残ってたけど、体が軽い!!

しんどいどきって、楽になってから、ああ、私ものすごい凝ってたんやわ、と実感する。

治療されないとわからないことってあるし、治療を受けることも定期的にしないとなあ、と思いました。自分の体のメンテナンスも込みで。

さてさて。 

2006年01月19日(木) 23時16分
めーっちゃ久しぶりに更新。

…というのも、いろいろバタバタしていて。

まず。新しい職場が決まりました!今の職場にも、2月末で退職の意思は伝えました。果たして希望がかなうのか…。無事、滞りなく転職できるんかなあ…、非常に不安です。

体力的にはハードになるけど、自分のさらなるスキルアップのために、頑張ります。

そうそう、今日、私の後任選び第一弾面接が来てたけど…。

うーん、見た目はかわいかった。見た目はかわいかったんやけど…、残念ながら中身はカラッポやった(毒)。

いやいや、キツいことをいうようやけど、いままで何をどう考えて治療してきたん?みたいな。人の体を預かる、という意識に欠けてる人やったね。あんな鍼灸師ばっかりじゃないのよ!と声を大にして言いたくなった。まあ、とりあえず、ウチでは務まらないやろう。

わーん、早く決まらないと私辞められへんやんかー!

患者さんに迷惑かけないようにしないとあかんから、というより、次のところにごっそりみなさん連れていっちゃおうか、という野望も多少はありつつ。

次の面接、早く来てね〜…(切実)。

ニキビがひいた。 

2005年11月24日(木) 21時30分
今日のハタチの男の子。フェイスライン〜アゴ〜胸と背中にかけて、いかにもテストステロン↑↑な感じのニキビ。

肩こり、冷え症と男の子ではめずらしい症状持ち。

1回目の施術で、「肩が軽くなりました〜」と帰って行ったんやけど、次3週間後に来たとき、あきらかにニキビが減ってる!!

今日で3回目やけど、ホンマにに顔キレイになってる。新生が減って跡になってる。

本人もかなりビックリ、私ももっとビックリ。

効くモンやねんな〜。あまりニキビにはいい効果出たことないから、うれしかった。

やっぱり、不定愁訴を強く感じてる人のほうが効くんよなあ…。とは思う。

更新。 

2005年11月20日(日) 22時09分
滞っていて、スイマセン…。

よし、これだっ!ってネタがないんですね、今。

仕事のグチはいっぱいあるけど(苦笑)。どっか見つからないかな〜。

あ、今日、しゃがんでただけやのに、腰がピシッと…。周期的にそろそろくるんですよね、ギックリ腰。ちょっと痛いのです…。

誰か、治療してください(泣笑)。

脱ステ。 

2005年11月03日(木) 18時09分
基本的に、私の治療するアトピーの患者さんって、脱ステしてる人やけど、脱ステしようと頑張ってる人も中にはちょこちょこいらっしゃる。

1年半くらい前から治療してる患者さん。「○日ステロイド塗って、○日休薬する」という感じで、コントロールしてきた方なんだけど、どうも行き詰って悩んでしまって、鍼灸治療が追加された方。

治療を続けていくうちに、ステロイド塗る日が短くなって、休薬日が長くなってきて。でもなかなか完全に脱ステまではいかなくて。

普段から頑張りすぎちゃって、溜め込んじゃうタイプの方なんだけど、2週間に1回治療にくるたびに、治療しながらたまってるストレスをしゃべってくれるようになって。それだけで「楽になりました」って帰っていく。

さらに、最近は、「仕事のことは深く考えないことにした」というのと、「そろそろ子供が欲しいな」ということで精神的に少今まで以上の変化があったのかも。先週の土曜に来られたときに、「1ヵ月半、塗ってません。その前きたとき塗ってなかったけど、そのままずっと続いてる」と。

なんだかめっちゃうれしくて。私が半泣きでした。
やっぱりアトピーって、精神的な部分の占める割合って大きいんやろな、と思いました。

と、なると、やっぱりこちらは、患者さんの力を信じて、できる限りの治療をするしかないんだなあと。

治してもらうんじゃんくて、自分で治すものなんですよね、病気って。アトピーに限らずね。

そんな思いを再確認した1日でした。

治療のモットー。 

2005年10月26日(水) 21時58分
患者さんに説明するときは、どんなことに効くのかというと、

1、鎮痛(凝りや痛みの改善)
2、副交感神経活動の亢進
3、免疫力のアップ

この三本柱をベースに説明してる。

鍼灸や東洋医学って、独特の摩訶不思議な世界っていうイメージを持たれてる方が多いせいか、意外と(?)現代医学的な論理的な説明に驚かれることも多いですね。

とにかく、今、悩んでられるあらゆる症状に鍼は適応するから、なんでも相談していただければ、解決の糸口がみつかりますよ

でも、私は、治療を通じて、みなさんの自己治癒力を引きだすのが役目なので、最後は自分の体が勝手に治るんです。

悩んでる方は、ぜひ一度、治療を受けてみて、その効果を実感してもらいたい…です。

「本当に治る治療」が私のモットーなので。やっぱり、この世界、プラシーボのぼったくりが残念ながら多いから…。だからこそ、本当に治る治療を提供して、社会に貢献したいと思ってる次第です。

同業者のみなさーん。何かあればコメントください(笑)。
トリガー一門のみなさん、間違ってることあれば、チェックお願いします(笑)。

トリガーポイントとは。 

2005年10月25日(火) 22時54分
広義の解釈では、「トリガー」=引き金、「ポイント」=点、ということで、「引き金点、痛みを引き起こすおおもと、つまりは発痛点」という意味で据えられる。

狭義、黒岩先生のいうトリガーポイントは「疼痛があり、その疼痛に責任をもつ筋硬結がある」という状況下で、刺激すると関連痛が生じる部位を指す。…と定義する。

関連痛より、認知覚を生ずるところ、と今は言うかな。
つまり、「そうそう、そこ!そこが私の痛いところ!」と瞬間的に感じるところがトリガーポイント。いわゆる「ツボ」なんです。

こんなところで、また次回。

基本データ。 

2005年10月25日(火) 0時48分
さて、私が今、どういうところで働いてるかというと。

鍼灸師、4年目。整形・リハビリのクリニックを経て、現在は皮膚科で、主にアトピー性皮膚炎の患者さんを担当。もちろん、肩こり・腰痛の患者さんも治療してるし、エステも併設してるので、エステと鍼灸の融合メニューみたいなのも作って施術してる。

その他、雑用もアホみたいに多くて…。これが難点。しんどい。腹立つこともいっぱいある。将来、絶対何かと役に立つんやろうけど、とは思いつつも、やっぱり…ね。

手技・考え方はトリガーポイント療法ひとすじ。トリガーポイント鍼療法第一人者、黒岩大先生の近しいところにいる弟子です、いちおう(笑)。

同級生のRちゃんとともに、「ウチらががんばらなあかん!」と口癖のように言ってるけど、どうなることやら…。

でも、黒岩先生のやってること(技術も考えも)を、本当に正しく継承していかないと…という使命感はある。そして、それが社会へ還元できることだろう、ということも思ってる。

そんな感じ。とりあえず、今日はこのへんで。

また仕事のグチをこぼしつつかもやけど語っていこうと思います。

マジメブログ、発動。 

2005年10月25日(火) 0時28分

さて、マジメな方のブログを作ってみました

ふと思い立ったわけでして。

やっぱり、仕事のカテゴリは趣味とカンペキに切り離したほうがいいかな…なんて思って。

というわけで、こっちには超マジメ話しか書かないつもりなので、おもしろくはないかもです(笑)。

同業者のみなさんは、よろしくお願いします
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像Yukky
» 脱ステ。 (2006年01月06日)
アイコン画像ヨーコ
» 脱ステ。 (2006年01月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y_acupuncture
読者になる
Yapme!一覧
読者になる