変形性関節症リウマチ

April 09 [Sat], 2016, 18:11
変形性関節症とは、慢性の関節炎を伴う関節疾患で、関節の構成要素の退行変性によって、軟骨の破壊、骨・軟骨の増殖性変化をきたす疾患です。これと同じように、関節に痛みや腫れが起こる疾患に、関節リウマチがあります。関節に起こる症状は似ているのですが、その原因や、病状の進行には違いがあり、治療法も異なります。症状が似ているので同じ病気と思われがちで、「変形性関節症リウマチ」と一括りにされるのでしょう。変形性関節症は高齢者に多く、症状が出る個所も、体重のかかる股関節や膝関節、足関節、脊椎などです。簡単に言えば、歳とともに関節が弱って起こる病気ですね。一方、リウマチは、徐々に多数の関節が対称性におかされ、変形の度合いも大きく、治療後も不便を強いられることが多数あります。病状によっては様々な手術が必要なこともあります。また、リウマチは全身性の疾患であるため、関節症状以外にも、全身のだるさや微熱、貧血などが起こることもあります。m字ハゲ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ももこy9uhnee6
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y9uhnee6/index1_0.rdf