首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで(産経新聞)

April 16 [Fri], 2010, 14:29
 鳩山由紀夫首相は9日までに米タイム誌のインタビューに応じ、日米関係について「日本にとって最も大事な関係」としながらも、「今までは米国の主張を受け入れ、従属的に外交を行ってきた」と指摘した。その上で「一方的に相手の言いなりになるよりも、お互いに議論を通じ、信頼を高めていく」と強調した。

 首相はこれまでも、「米国にも言うべきことを言う」などと、対等な日米関係の構築を唱えてきた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が難航しているだけに、波紋を広げそうだ。

 日中両国の経済力に関しては「中国の人口は日本の約10倍で、いつか日本のGDP(国内総生産)を抜くのは当然だ。経済的により良い日中関係を作る方が大事だ」と述べた。

 ただ、中国の軍事力に関しては「透明性が十分ではない。軍事力の急速な伸びを、常に注視しなければならない」と懸念を示した。

 インタビューは3月30日に行われた。

【関連記事】
鳩山首相がボヤキ「私はアメリカ大好き人間なのに…」
鳩山首相もビックリ「9・11陰謀説」ブチあげた藤田議員って? 
鳩山首相は誰に似ているか? オバマにも盧武鉉にも失礼だ
やっと?米国の怒りに気づいた鳩山首相
鳩山首相であり続ける意味なし 信念による「反米」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

3歳女児意識不明、母「カッとなって」落とした(読売新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
JR京浜東北線一時運転見合わせ、御徒町駅で女性けが(産経新聞)
郵政法案、20日までに国会提出=亀井担当相(時事通信)
公務員の政治活動巡る逆転無罪、東京高検が上告(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/y96tesx4/archive/8
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。