猫でショート?鹿児島市立病院で1時間半停電(読売新聞)

April 05 [Mon], 2010, 15:27
 鹿児島市立病院(鹿児島市加治屋町、上津原甲一院長)が3月31日夜、約1時間半停電した。

 停電発生とほぼ同時刻に、地下1階の電気室から「ボン」という大きな音がし、猫が飛び出してきたのを職員が目撃。迷い込んだ猫が6600ボルトの高電圧がかかった電線に触れ、ショートしたのが原因とみている。

 病院によると、すぐに自家発電に切り替わったが、コンピューター断層撮影装置(CT)などの大きな電力が必要な医療機器が使用できなくなったため、救急搬送の受け入れを停止した。入院患者463人に影響はなかった。

<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
【主張】無償化と子ども手当 疑問多い外国人への支援(産経新聞)
<北沢防衛相>自衛隊機を民間転用 検討会発足へ(毎日新聞)
<訃報>神原武雄さん97歳=元江商社長
足利事件 栃木県警が会見「改めておわび」(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/y96tesx4/archive/4
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。