短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)

April 21 [Wed], 2010, 10:20
 男子短大生を監禁して暴行を加えたとして、監禁致傷罪に問われた兵庫県警芦屋署地域課元巡査、富岡龍也被告(21)=懲戒免職=ら3人に対する第2回公判が16日、神戸地裁(小川弘持裁判官)で開かれた。富岡被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。初公判では認否を留保していた。

 共犯の無職、中村昴(21)と同、大森さゆり(21)両被告は、起訴内容の一部を否認した。

 起訴状によると、富岡被告らは、男子学生が以前、大森被告を傷つける発言をしたなどとして昨年12月、中村被告の部屋で監禁し、殴るけるなどの暴行を加え約2週間のけがを負わせたとしている。

【関連記事】
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁
短大生監禁の元巡査ら初公判、罪状認否を留保
弘道会関係者ら4人逮捕 監禁致傷容疑で大阪府警
監禁致死容疑で両被告を再逮捕 屋久島社長死亡事件
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず
外国人地方参政権問題に一石

第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)
<貸倉庫殺人>容疑者の一部、殺害認める 3遺体の身元確認(毎日新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
ひき逃げの乗用車内から覚醒剤 所持容疑の男「警察犬が置いた」(産経新聞)
会社員の男ら4人逮捕=遺棄容疑、3人不明事件−長野県警(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/y8lol9xt/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。