中性脂肪の減らし方

March 31 [Thu], 2016, 22:39
中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)は生きていく上で重要な成分です。人体の重要なカロリーになる物質だからです。しかし、これが増えすぎると、あまりよいだからと言ってありませんよね。動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)にもなってしまうのです。それでは、中性脂肪を減らすには、どうしたらよいのでしょうか?中性脂肪を減らすには、やっぱり食事と運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)が重要でしょう。運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)の中にも特に、有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)が効果的そうです。手短な物でウォーキング(大人?が参加する大会などのイベントも行われています)、サイクリング(スポーツとして、もしくは、娯楽として自転車に乗ることをいう場合が多いでしょう)、ジョギング(ランニングよりもゆったりとしたペースで赭ることをいいます)などです。体の中にたまった中性脂肪(血液の中に存在するものの大半は、トリグリセリドだと考えられています)は運動することで分解されて、脂肪酸としてカロリーだといえます。日頃の食事で中性脂肪(メタボリックシンドロームの診断基準の一つで、多すぎると健康を損なうとされています)を摂取しすぎないことも重要になります。それに、1日の必要摂取エネルギーをオーバーし過ぎない事を心掛けるようにしましょう。過剰に食物を摂取したら、皮下脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)組織や肝臓に蓄えられてしまうのです。基本としては、野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)を中心とした食事の習慣か好ましいかもしれませんね。あまいものを控えるのも効果が期待できますが、炭水化物(不足すると疲れやすくなり、肌荒れなどが起こるでしょう)の摂りすぎも良くません。お酒のとり過ぎも中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)の上昇を招く原因になるので、適量を守りて下さい。また、規則正しい生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を送ることが大切なんです。食事は3度、朝・昼・晩としっかり摂りてください。夜、寝る前の飲食は控えるようにしてください。睡眠時間(なるべく規則正しく、一定の時間取るようにする方がいいでしょう)もきっちり確保するようにした方がいいです。ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)や喫煙(日本では、ポルトガルの宣教師が室町時代末期頃にもちこんだのが始まりだそうです)なんかも、中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)を減少させる為には好ましくないのです。健康的な生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)を送れるように改善されるケースが、中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)を減少させるのに大切なことと言えであると言われています。

コレステロールと中性脂肪の違い

March 31 [Thu], 2016, 22:38
コレステロール(適度な運動もコレステロール値を減らすためには有効だといわれています)と中性脂肪の違いって、どういったことでしょうか?コレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)は脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)の一種、中性脂肪(メタボリックシンドロームの診断基準の一つで、多すぎると健康を損なうとされています)も同じく脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)の一種でありす。しかし、同じ脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)ではあるのですが、その働きは違いると思います。まず、コレステロールの働きとは言っても、コレステロール(たくさん含んでいる食品を食べ過ぎることが問題なのではなく、体内で正しくコントロールできないことがよくないのだとか)は体の中を構成する脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)成分になります。細胞膜の構成成分でもあって、ステロイドホルモンやその他のホルモンの材料だと言えるのです。胆汁(胆汁色素が大便を茶色や黄褐色にしているそうです)酸やビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Dなどと言った材料にもなり、主に肝臓で合成されています。また、コレステロール(実は健康を維持するためには必要不可欠な物質です)には善玉といわれるHDLコレステロールと、悪玉と言う名前のLDLコレステロールがあるでしょう。LDLコレステロールは、細胞膜やホルモンを作る材料になり、血管を保護する作用もあります。ただし、血中の濃度が高くなると、血管を細くする原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になり、動脈硬化(血糖値、血中脂質、血圧などを測ることで、動脈硬化かどうかがわかるでしょう)の引き金になってしまうみたいです。動脈硬化(アテローム性粥状動脈硬化や細動脈硬化、中膜硬化といった種類があります)が起こってくると、色んな合併症(例えね、糖尿病の場合、糖尿病そのものはすぐに命を脅かす危険がなかったとしても、動脈硬化や脳梗塞などを発症するリスクが高まってしまうのです)を起こしかねないでしょう。HDLコレステロールは、血管に付着したLDLコレステロールを除去して、体の血液の流れをよくする働きがあるのです。次に、中性脂肪になりますが、コレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)が体内の構成成分とするならば、中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)はカロリー源です。トリグリセライドとも言います。食事によって摂取され、余計な分は皮下脂肪組織や肝臓などに蓄得られるでしょう。食事不足や運動などによってカロリーが足りなくなると、貯蔵された中性脂肪が使われ、分解されて脂肪酸になるかもしれません。脂肪酸はカロリーになりますよ。

コレステロールとは?

March 31 [Thu], 2016, 22:34
コレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)は、有害な成分だと思われがちです。しかし、実際にはコレステロール(たくさん含んでいる食品を食べ過ぎることが問題なのではなく、体内で正しくコントロールできないことがよくないのだとか)とは脂質(エネルギー源になる以外にも、細胞膜を構成するなど、重要な働きがあります)の一種で、健康な体を保つ為には欠かせない成分なのです。細胞膜やホルモンなどと言った原料ですね。また、血管の内側に付着して、血管の保護を行う働きがあります。丈夫な血管を作るためには必要不可欠な成分になります。ただ、コレステロール(実は健康を維持するためには必要不可欠な物質です)が高い状態が続いた場合には、血管の内側にコレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)が過剰に付着していって下さい。すると、血管が狭くなり、心臓から送られる血液の流れが悪くなってしまうのです。場合によっては、完全に閉塞してしまう場合もあるのです。起こる場所によって、心筋梗塞(普通は突然起こり、入浴の前後や運動の後などに起こりやすいでしょう。脱水症状が引き金になることも多いようです)や脳梗塞(ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性塞栓症の三種類に分類されています)などと言った重大な疾患を引き起こしてしまうでしょう。なので、コレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)が多い状態が続いてしまった場合駄目ではないかと思います。日常からコレステロール(適度な運動もコレステロール値を減らすためには有効だといわれています)を意識した生活習慣(毎日繭り返している行動のことをいい、思考や健康状態にも大きな影響を与えます)を身につけるのが、健康を保つ為にも大切なということになるでしょう。コレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)の種類(それぞれに違いがあるものです)としては、LDLとHDLのふたつが主に知られているのです。LDLは悪玉コレステロール(血管の中に、余分なコレステロールを放置するといわれています)ともいわれます。このLDLが増えすぎると、血管壁に付着して固まりを作ります。HDLは善玉コレステロールともいわれます。血管壁に付着したLDLを剥がし、余ったコレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)を血管内から排出する働きをしています。その為に、血液中のLDLを下げ、HDLを増やすことが大切と言えると思います。LDLを下げるには、食物繊維(根菜類や海草、コンニャクなどに豊富に含まれています)やビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)の摂取が有効だとも言われているのです。脂質異常症の食事療法について
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y8c0o375212
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y8c0o375212/index1_0.rdf