【Live】中村恩恵×首藤康之@兵庫県立芸術文化センター

March 08 [Thu], 2012, 14:23
 ShakespeareTHE SONNETS(シェイクスピア「ソネット」) 兵庫県立芸術文化センター 中ホールクラシックバレエはあまり好きではないのだけど、モダンバレエやコンテンポラリーダンスは結構好き首藤さんの踊りに魅力を感じていたので、観に行くことに…。
兵庫県立芸術文化センターの中ホールは、木目調の落ち着いた雰囲気で、大ホールよりもゆったり感がありました。
N列(14列目)だったけど、ステージもはっきり見えました。
公演は照明を全部消した漆黒の状態で始まりました。
日々の生活の中で、全くの闇って余り経験しないんですが、真っ暗闇ってすごく創造力がかき立てられるんですね…。
2人の作る舞台への期待が高まります。
漆黒の舞台と直線的で無機質な照明、ピアノを中心としたシンプルで抽象的な音楽、そして舞踊家2人の超絶的なテクニック、情熱を抑えた表現が絡み合って、会場は官能的なのに、幻想的で怜悧な雰囲気で、とても濃厚な雰囲気が漂っていました。
1時間強の舞台でしたが、2人の作り出す世界に酔いしれました〜中村さんは初めて見た踊り手でしたが、表現力の豊かさを感じました。
また、下半身がしっかりした胴長な体型のせいか、抑えた舞踊に中にも肉感的な色気を感じました。
スタイルって良すぎると、色気を感じにくい気がします。
首藤さんは、もっと感情的なダンサーって思っていたけれど、今回は全体的に無機質なイメージを持ちました。
惚れ惚れする肉体で、表現力豊かな踊りを見せてくれて、正に至福のひとときです…。
絵画でも舞踊でも、抽象的な表現のモノって、余計なイメージがないせいか、心の深層に響く感じがします。
何も考えなくても、心で感じられるって感じで、私的には心地よいです。
今回の舞踊もきっとテーマがあったんだと思うけど、そんなこと気にせずに、目の前の舞台を見て、先入観なしに感じるだけで、十分でした。
舞踊家って、自分の思いやイメージを体で表現できる舞踊家って、本当に素敵だと思う。
そんなことが出来るって、心底羨ましい…。
踊りや音楽、絵画等、自分を表現できる人って、本当に素敵だ〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y8a9thog2p
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y8a9thog2p/index1_0.rdf