再和解ができるパターンとは?

January 19 [Thu], 2017, 18:58

再和解というのは、任意整理後に、もう1回交渉して和解する事なのです。


これは可能なパターンと出来ない場合があるため、出来るか出来ないかは弁護士に相談後に考えましょう。


債務整理を行った後で、というなら、利用する事はできません。


債務整理をした場合には、その後の数年間は、お金をどこからも借りられなくなり、信用情報に載ってしまうことになります。


利用したい場合には当分の間、待って頂戴。


債務整理の場合、弁護士と話し合わなければならないことが膨大にあります。


弁護士を選ぶポイントとしては、話しやすい弁護士を選ぶ必要があるでしょう。


相談会といっ立ところで話をしやすい弁護士を選んでもよいですし、他の人の口コミなどを聞いて目安にしてみるのもいいかも知れません。


個人再生にはある程度の不利なことがあるんです。


一番は高い費用がかかることで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったなんて事例もあります。


また、このやり方は手続きの期間が長くなってしまうので、減額して貰えるまでにたくさんの時間を要することが多々あります。


債務整理にはちょっとした不都合もあります。


債務整理に陥るとクレジットカードなど、お金を借りることが極めて難しくなります。


つまり、お金を借り入れできない状態となり、現金のみでショッピングをすることにならざるを得ないのです。


これはおもったより厄介なことです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y89jjxbcfxf2q2
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y89jjxbcfxf2q2/index1_0.rdf