女の幸せとはあなたの強みを役立てて相手の想いを全て自分のトリコにする事

February 27 [Mon], 2017, 16:05
他人の前で自分の意見を表現するということがいけないと考えている人も大勢いることでしょうが、パートナーシップに関しては少なくとも対面だけ整えていても魅力的には映りません。特別な人相手の大切な営みなのですから女子を磨いて女性特有のオーラの価値を役立てないということは残念だと思うのです。

意中の人から本心を感じるのが怖くて普段のあなたを伝えた事がない人でも、たった一人で涙したとしてもパートナーに会うと寂しさを伝える事は嫌われると思っていたあなたも女性の何より有効な武器でもある、涙と流す表現をしてみてもいいかもしれません。

大々的に泣いて喚く状態でなく意外にもあふれてしまった状況のナミダを意中の人との大切な時間でも感情に素直に流し自分を受容してもらうことも大事です。

結婚するということはどんな時でも愛おしむことのできるパートナーと人生を共にすること

February 21 [Tue], 2017, 11:40
接し方一つをとっても配偶者が異議を唱えてくる時が多々あるでしょう。誰にも正解なんてわからない存在しないのに、お互い新米のパパとママなのにも関わらず自分が育てられてきたのを真似して子供を育てたいと思うものです。

あなたとパートナーが幸せとなる結婚観とは何か。共に見つけてみてください。二人が同時に精神的に満たされること、楽しいと感じる時などを頭に描き相手を想い合うことができたら、一方だけじゃなく夫婦二人で幸せを手に入れられる結婚観ができるでしょう。

結婚でゆずれない点はあげ始めたら終わりがありません。どちらか片方が妥協することが大事になるので衝突してしまうより前にあなた自身側が冷静になって彼に接するべきです。

二人で過ごす時間が自然になって徐々にお互いだけの結婚への価値観がひとつになると思います。

異性の友達はいる?違う性別の人との友人関係はあり?NG?

February 14 [Tue], 2017, 14:11
恋人の男性と女性と夫婦間では、その異性の友達のことを同性の友達と同じ心意気をキープして応じることが出来るのか、否かということになるととっても難しい主題ということです。異性の友達だけで食事または、買い物のは、少々心乱れず待てないもので、不安です。

時として耳にする談話がありますが、男子という生き物は常にどことなく変な考えというものを宿していて、一方、淑女においては’友好関係’とかいうそれはそれ、これはこれという見方が存在している形態が多分にいるのでしょう。脳や生命体研究においては、違う性別の人との仲間付き合いが達成することはないだろうと終着点が見えているようです。

違う性別の人とという関係での友達関係は可能なのか、いなか、という案件に対して答えという形を見いだすことよりかは、結婚相手や付き合っている人である大事な人はどう信じるかを感じて双方が考える心遣いを表現して、異性間で友達同士の関係を築いていくことが重大なことだと考えています。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y7n8wgcp/index1_0.rdf