変形性膝関節症についての説明と病気の経過や予防について

October 10 [Sat], 2015, 18:15
変形性膝関節症とは、膝の関節が変形し、炎症を起こす病気です。関節の中で、クッションの役割をする軟骨がすり減っていて、骨の表面がトゲのようになるため、歩いたり膝を曲げると、関節の中でトゲがぶつかって、痛みを感じるようになります。この疾患は、年齢が上がるにつれて患者数も増えています。現在日本は超高齢化社会ですから、高齢者の人数が増えるに伴い、患者数もどんどん増えています。初期の段階では、歩き始めや立ち上がりのときに、軽い痛みを覚える程度ですが、進行しますと運動時だけではなく、安静時にも痛みが継続するようになり、日常生活に支障が生じます。このため、人工関節置換術という手術を行うことがあります。この病気の原因は様々で、過重体重ですと膝に大きな負担がかかり、関節の変形を助長します。また、よく正座をしたり、膝を使うような動作を繰り返している人にも、起こりやすい病気です。ですから予防のためにも、体重を適正に保つことは重要です。飛蚊症
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あやこy6hbgcdo
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y6hbgcdo/index1_0.rdf