20130127

January 27 [Sun], 2013, 21:20
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを助けるという特徴が特に認知されており、血液の中のCa濃度を操り、筋肉の動き方を微調整したり、骨を作ってくれます。
ストレスがかかり、蓄積していくメカニズムや、手軽で有用なストレスを緩和する方法など、ストレスに関して詳細な知識を学んでいる方は、さほど多くはありません。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もよくある中耳炎で比較的小さな子供によく発症する病気です。激しい耳の痛みや38℃以上の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が出ます。
緊張型頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首のこりから起こる患者数が多い慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような頭痛」「ドーンと重苦しいような頭痛」と言い表されます。
杉花粉症などの病状(鼻水、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜よく眠れないと、それが要因で慢性的な睡眠不足に陥り、翌朝目覚めてからの仕事内容に悪影響を与えるかもしれません。
好気性桿菌の結核菌は、保菌者がゴホゴホと「せき」をすることによって内気に撒かれ、空気中でフワフワと流されているのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことで拡がっていきます。
脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常が原因でもたらされる発疹で、分泌がおかしくなる素因として男性ホルモンと女性ホルモンのアンバランス、ビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が大きいと考えられているのです。
WHOは、人体に有害なUV-Aの無理な浴び過ぎは皮膚にトラブルを起こすとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を強く世界中に提起している最中です。
ご高齢の方や慢性疾患を患っている人などは、特に肺炎を発症しやすくてなかなか治らないという傾向があるため、予防に対する意識やスピーディな治療が必要です。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンにかわって、2012年9月1日から任意接種ではなく定期接種になるので、病院などで個々に接種してもらう個別接種の形に変更されました。
季節病ともいわれる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を示す病気だといえます。
過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的なストレス、老化などの複数の素因が集まると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患します。
ほとんどの場合は水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏や指の間にできる皮膚病だと勘違いされやすいのですが、白癬菌にかかるのは足だけではなく、体のありとあらゆる部位にかかるという危険性があるのです。
不整脈である期外収縮の場合、健康な人にも症状が発生することがあるのでさほど深刻な病気ではありませんが、発作が数回に渡って立て続けに起きるケースは危ないといえます。
スギの花粉が飛ぶ時節に、まだ小さな子どもが体温はいつも通りなのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした鼻水が止まないようなケースは、その子は杉花粉症の可能性が高いかもしれません。

ミュゼ新宿
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タナカジロー
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y5q4c6/index1_0.rdf