精神保健福祉士の将来展望

May 09 [Fri], 2014, 20:49
よく聞く言葉として、「ステレオタイプ」というものがあります。
行政機関では各種の手続きにあたるほか、より良い精神保健福祉を推進するべく事業計画の立案などにかかわります。
その個人を対象とした研究からスタートして、社会心理学では次第に対象が広がっていったのです。
やはりどの病院も施設も、資格そのものの有無より患者さんや高齢者の精神的なケアにあたることのできる人材を求めている傾向が強く、経験はものをいいます。
大学や病院の運営している通信教育課程で学んだ場合、精神保健福祉士の受験資格を取得することができます。
別名を精神医学ソーシャルワーカー、精神科ソーシャルワーカー、PSWなどと呼ばれています。
また、大きく世界に目を向けると、民族の考え方が戦争やテロを生み出す要因ともなっています。
一例として、東北福祉大学の社会福祉学科で学ぶことで国家試験の受験資格を得ることができます。
つまり、統計学のスキルを鍛えることのできる学問でもあります。
学問として将来的に活かすという視点で整理すると、大衆社会心理学を大学で専攻することにもしっかり意義はあります。
24時間家族だけで見守り続けるということにも限界がありますから、地域生活を支えるために医療面の支援やサービスも必要とされています。
社会学、心理学、教育学という3専攻体制になっています。
精神保健福祉士図説
精神保健福祉士大解析
精神保健福祉士を探求するブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y4vc4iop
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y4vc4iop/index1_0.rdf