一度流産を経験しました。1年くらい経って「コド

February 14 [Tue], 2017, 14:41
一度流産を経験しました。
1年くらい経って「コドモが欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊活をはじめました。


妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。

その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温が高くなったので、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ない理由ではありません。穏やかな気持ちで治療をつづけることは大切かも知れません。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療をつづけていました。


結婚して3年目くらいまでは、基礎体温はつけていたんですけど、ぜんぜん妊娠できなくて、義妹や姉のところにコドモができると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。検査は夫婦二人ともうけましたが、原因は私の方にありました。
担当医の指導をうけて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに早々に妊娠が発覚しました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいますね。
たとえば吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいますね。妊娠初期というのは体もデリケートになるのですし、神経質になりがちです。



そのため「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。
葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。



葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思いますね。沿うした場合、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も簡単に管理できますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には大変便利だと思いますね。
色々な食品に「葉酸」は含まれていますねよね。果物では、代表的なものにイチゴやライチがあると一般的に言われていますね。

それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツも沿うですね。
葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれていますね。簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースを飲むのもおススメです。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、沿うした目的から妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素であるとご存知ですか?普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食べ物から摂るのも難しくなりますが、沿うした場合、無理な食事は厳禁です。

葉酸の摂取はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足した葉酸を確実に補給することが出来ます。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いかもしれませんね。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思いますね。たとえば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも大丈夫です。
でも、葉酸には体に有益な色々な働きをしてくれます。
中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、葉酸の摂取をつづけることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思いますね。


なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活を見なおしてみるのは重要なことだと思いますね。

両親の体の中で精子と卵子ができる理由ですし、食生活が良くないのを放置していると、妊娠しやすいげんきな卵子、精子は、期待しにくいでしょう。
妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、バランス良く健康的な食習慣を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液をつくる作用があります。この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすい状態を造り出すことが期待できます。

それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。

妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのかしることは大切ですよね。食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良い沿うです。



あまり馴染みのないお茶かも知れませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にすごく、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。
実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという事ですので、妊活が終わった後も、飲みつづけたいお茶だと言えます。妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいますね。
この妊活は女性側が主体となって行なうもののように感じますよね。

でも男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それと言いますねのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。



不妊などの原因は母体に限らず、男性にあるというケースもある理由です。



特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますねので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてちょうだい。今、二人コドモがいますね。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話となっていますが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分け法を実践しました。


妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待アリ、不安アリ、という感じでドキドキして生活しまいました。結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。


主人も待望の女の子という事で大喜びでした。



妊娠してから専門家による栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導をうけた方も多いでしょう。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いかもしれませんね。
葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。
こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、摂取するようにしましょう。



妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかも知れませんが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、沿うではありません。葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特質があります。


ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数入ったサプリがお薦めです。
具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。


妊娠しやすい体になるために、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合もサプリの摂取をお薦めします。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働聴かけることで、先天性神経管異常といった障害を発症指せにくくするという効果が科学的見地からも認められていますね。
このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が勧告しているのです。
たとえば葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定をうけているものもあり、妊婦が利用する場合も多い沿うなんです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ruka
読者になる
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる