愛車を売る時には査定に車を出す

May 12 [Thu], 2016, 14:07
愛車を売る時には査定に車を出すことが多いでしょう。



注意したほうが良いことは悪徳業者ではないか注意することです。

当初から悪徳業者だと分かっていて利用することはないと思いますが、万が一のためにも名前が知れわたっているところにお願いするのが安心です。





車査定を行う場合、お店に出向いたり、自宅へと来てもらうのが一般的です。なお、メールでの査定を行うところもあります。ただその場合、買取業者と直接のやり取りが必要なため、ものすごく面倒です。そんな中には、何度も営業をかけてくる業者もいるので、嫌な思いをしてしまうこともあるでしょう。



車は一括の出張査定を利用しても、基本的にはどの業者でも無料でやてくれますが、稀に料金が発生する場合があります。





その際は査定料金としてではなく、出張した分の費用として請求される場合が多いです。

料金が発生するところが違法な買取業者という訳ではないのですが、余計な費用をかけないためにも、出来るだけ無料のところを利用してください。いままで乗っていた車を業者に売却するときは、査定前に車の中も外もきれいにしておきたいものです。車内の掃除をしたら、シートカバー、ホルダー、ゴミ箱等は撤去しておきましょう。





収納部分もカラにしておくのが望ましいです。屋外保管で外側が汚れているときは、洗車するといいでしょう。







普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。





以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、ムラが出たり、傷がつく危険もあり、スーツ姿で触っても服が汚れないのを目安にすると良いでしょう(営業さんはスーツで来ます)。



ボディの上下であるルーフと足回りは汚れが残りやすいので、よく洗い落としましょう。

ルームコロンは嫌う人もいるので、無香の状態を目指して換気してください。車の査定に関して、一括査定が増えたこともあるせいか、自宅で受けられる出張査定を選ぶ人はかなり大勢いるようです。



なんといっても自宅で査定してもらえて楽ができ、運転しなくて済むのでガソリン代も浮きます。



楽だし燃料代もかからないし言うことは無いのですが、押しに弱い人は業者に足を運んでもらう出張査定より、買取業者のお店まで運転して行き査定を受ける方がいいかもしれません。







業者に対しわざわざ来てもらったという思いを持つと、そうそう断れなくなることがあります。