肌荒れにはセラミドを

November 22 [Sun], 2015, 17:10
肌が荒れていると感じた場合は、セラミドで補って頂戴。
セラミドとは角質層の細胞と細胞の間で水分や油分を抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層は角質細胞が何層にもなっていて、このセラミドが細胞同士を上手く糊のように繋いでいます。



皮膚表面の健康を保つバリア的な働きもあるため、不足だと肌荒れが起きやすくなるのです。ほっぺたの毛穴の開きが歳をとるにつれてひどさを増してきました。


正面から顔を見た際に、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになったのです。



この毛穴、黒ずみをなんとか塞ぎたい、出来るだけ小さくなって欲しいと思い、毎日のケアを行っています。洗顔後に冷たい収斂化粧水を使用し、パッティングをしていますが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。肌が荒れている時に化粧するのは、少し考えますよね。化粧品の説明書きにも肌に異常があるときは使わないで頂戴と書いてあることが多いです。でも、UV対策だけは必ずしておくことをお勧めします。

化粧下地や粉おしろいといったものを軽く付けておく方が良いでしょう。


そして、なるべく紫外線に当たらない生活を送りたいものです。私は花粉症で毎年辛い思いをしているためすが、スギ花粉の時節が近づいてくると、肌が敏感になり肌荒れを起こしてしまいます。沿ういったことで、この時期に化粧をすると肌荒れがより悪化してしまうので、ナチュラルメイクで過ごすようにしています。

アイメイクだけでもやりたいなと思いますが、肌が過敏になっているため、目のかゆみが余計にひどくなり、とても出来はしないのです。
顔を洗うのは毎日行ないますが、それほど洗顔料について考えずに使用しておりました。
しかし、美意識が高いお友達によれば、日々使用するものだからこそ、こだわりを持たなければならないとのことでした。



乾燥や小じわがコンプレックスの私には、保湿の効果が見込める成分が配合されたものや加齢に対してケアできるものを使った方がよい沿うなので、見つけ出してみようと思います。


日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌の乾いてしまうのを未然に防ぐために、常時洗顔後は急いで化粧水をつけてから、出来るだけゆっくり入浴を満喫しています。けれども、真冬の時節はこれだけで済ませてしまうのは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水は持ちろんのこと、保湿美容液もしっかり塗ってお風呂に入っていますが、これを試すようになってから乾燥が大幅に改善されつつあります。



化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、だいたいの人は肌がボロボロになることを想像するのではないだろうかと思いますが、実は正反対で意外と肌は元気になるのです。メイクアップというのは肌への負担が増えるので、それをすべて取り払ってワセリンのみを塗るのが1番良いスキンケアだと言えます。以前から敏感肌でおおよそメイクをした経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)がありませんでしたが、近頃は敏感肌用やアレルギー反応試験済みの化粧品も伸びてきました。

敏感肌でも肌に不都合を加えることなく使用できる化粧下地も増大してきて、とても喜ばしいです。今後はいくらかおしゃれを味わえ沿うです。

毛穴の引き締めのために収れん化粧水でケアをする人もいますね。
これは皮脂の分泌をセーブしてくれて爽快感も実感できるので、特に夏の時節は助かるアイテムです。使う場合は顔を洗った後に一般的な化粧水、乳液をつけてから、そののちにさらに重ねて使用するというものです。潤沢にコットンにとって、下から上にむかって念入りにパッティングを行ってあげましょう。

敏感肌イコール乾燥肌といっても良いくらい別物だとはいえない密接な関連性があるといえます。

乾燥肌に変わってしまうと、少しの刺激を感じても過敏に反応を起こして、肌に赤みが生じたり腫れたりといった肌荒れが起こりやすくなります。
高血圧対策


これは、乾燥によって肌表面の角質層が薄まり、外部刺激に対して肌の防御力が弱まっているのがその原因なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y3f1m9w
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y3f1m9w/index1_0.rdf