現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人−国際チームがゲノム解読(時事通信)

May 11 [Tue], 2010, 10:51
 欧州やアジア西部に約3万年前まで生息したネアンデルタール人の全遺伝情報(ゲノム)を解読したと、ドイツ・マックスプランク研究所などの国際チームが7日付の米科学誌サイエンスに発表した。同じホモ(ヒト)属で種が異なる現生人類のゲノムと比較すると、1〜4%の領域がネアンデルタール人に由来するとみられ、8万〜5万年前に中東で混血が起きた可能性があるという。
 認知能力や代謝、頭や胸の骨の発達などに関連する遺伝子に違いがあるかもしれないことも分かった。解読成果は、なぜネアンデルタール人が絶滅し、現生人類が生き残ったかを解明するのに役立つと期待される。
 研究チームは、クロアチアの洞穴で発見された約4万4000〜3万8000年前の3人のネアンデルタール人女性の骨粉から、DNAを抽出し、塩基配列を解読。アフリカ南部と西部、フランス、中国、パプアニューギニアの現生人類計5人のDNAと比較した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
視床下部遺伝子を網羅解析=精神疾患解明に期待
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫
口蹄疫で自衛隊派遣要請=宮崎県

参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)
普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断(産経新聞)
広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/y2zmf5c7/archive/53
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。