女の先輩は苦手

July 23 [Thu], 2015, 15:47
俺が担当してるのは通販のクレームを受け付けている
女性が多い職場だけどもそれが好んで働いている理由でもある話す機会も多いし付き合える可能性も高いと思ってコールセンターで契約社員として働いている
初めの頃は不安でパソコンの操作は慣れてくけどもお客さんとの会話は素の部分が出てしまったことがあり友達に話してるようにしては駄目とリーダーに注意されることが多かった
事前に研修期間もあってトレーニングしていてもやっぱり本番は緊張して間違ったことを言ってしまうことも何回かあった
慌てて暫くお待ちくださいと訂正してリーダーに聞いてから再度話し直す
もともとお喋りな俺は会話自体は全然苦にならないでも堅苦しいマニュアル通りの会話は疲れてくる
勿論緊張するし肩もこる
休憩時間に同じころの部署の配属された女の子がいておっとりした雰囲気で話しやすい
会話の中で体が疲れやすいと言ったので肩を揉んであげることにした
彼女は恥ずかしそうにしていたけども両肩に手を置いてほぐしていった
上から見ると結構胸のあたりが見えてよからぬ事を妄想してしまった
彼女も気持ちいいと言ったから他の事を思い出してヤバかった
でも暫くするとベテランの姉貴(泥酔中)とHしちゃいましたを立ち読みして思った怒りっぽい女性が私もしてちょうっだいと横に座ってきて大きな背中を揉むことになってしまった
巨体でこんにゃくのようにぽっちゃりした体型は面積が大きくて揉むのに時間が掛かり疲れた
妄想何てなにも無くてお相撲さんの弟子になった気分で女として見れなかった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タカアシ蟹の本能
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y2quip5v9/index1_0.rdf