海洋観測船 二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)

April 14 [Wed], 2010, 18:43
 気象庁は8日、地球温暖化監視のために海洋観測を行う観測船「凌風丸」について、観測装置の不具合で二酸化炭素濃度の正常なデータが取得できなかったと発表した。同庁は二酸化炭素濃度測定を84年から実施しているが、データが取れなかったのは初めて。

 昨年9〜11月と今年1〜2月の航海でデータ取得に失敗した。大気や海水中の二酸化炭素濃度などを測定していたが、二酸化炭素濃度の観測装置につながる配管の継ぎ手3カ所に緩みがあったため、船内の空気が混入した。2月までの航海後、測定した海水中の二酸化炭素濃度が、通常予測される値より10%程度高い数値だったため異常に気付いた。

 同庁海洋気象課は「海水中の二酸化炭素濃度は他のデータから推定可能だが、同じ方法で計測し続けることで、より正確な温暖化傾向をつかめるのでデータが取得できなかった影響はある」と話している。【飯田和樹】

【関連ニュース】
日本野球機構:森林整備支援で北海道の4町などと協定
自民党:「地球温暖化対策基本法案」の対案を提出
温暖化対策法案:12日に閣議決定へ 排出総量規制基本に
COP16:新条約、来年に先送りの可能性 墨環境相示唆
EU:ポスト京都「年内は困難」

<殺人容疑>21歳長男を刺した父親逮捕 茨城(毎日新聞)
<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
<地域主権改革>権限委譲、各省が抵抗…3法案審議入り(毎日新聞)
じん肺訴訟、国側控訴せず=経産相「早期救済を重視」(時事通信)
スカイツリー音頭誕生へ 地元・墨田「盆踊りの定番にしたい」(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/y2jm4gqr/archive/45
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。