インプラント治療が喫煙によって阻害

March 16 [Thu], 2017, 13:06
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。それは本当のことではありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、相場はあると言えます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Koharu
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/y2fsgapautnsey/index1_0.rdf