毛ガニ通販で冬の味覚を噛み締めてください

October 31 [Fri], 2014, 11:00
脚はといえば短いですが、がっちりとした体にぎゅうぎゅうに身の入ったこの花咲ガニは食いでがあります。特別なカニなので、通販でお取り寄せするケースでは、花咲ガニではないものを買うときよりも高価です。


一味違うズワイガニは11年目で、何とか漁に適した重さに育ちます。それによって漁獲高が減ってきて、カニ資源保護の視点に立ち、海域のあちこちに別種の漁業制限が設置されているようです。
概ね毛ガニは、甲羅の大きさが11〜13cm程普の大きくないカニで、捕獲の出鼻の頃は、紺色と似通っている褐色に見えますが、煮ることで華やかな赤色に変色します。


雌のワタリガニになると、冬期〜春期のあいだには生殖腺が成熟し、腹部にたまごを保持します。やみつきになってしまうたまごも口に入れる事が出来る味がはっきりとしたメスは、何とも言えず美味しいです!
ある時までは漁業量もあって、エリア毎にカニと表現すればワタリガニと発言されるくらい日常的なものでしたが、今では水揚げ量が落ち込んで、昔年よりも、見る事も無くなってきたのではないでしょうか。


どちらかといえばブランドもののカニを味わってみたいという方、或いは大好きなカニを存分に楽しみたい!というような方にとっては、通信販売のお取り寄せは価値があるでしょう。


あのかにめしの元祖として誰もが知っている北海道の長万部で水揚される毛ガニが、北海道産の中で最高水準となっています。ぜひ、毛ガニ通販で冬の味覚を噛み締めてください。
毛ガニの名産地は北海道でしょう。原産地から直送の鮮度のいい毛ガニを、通販を利用して購入し、思い切り食べるのが、冬のシーズンにははずせない楽しみという意見の人も多いのは事実ではないでしょうか。


話題の毛ガニ通販ですが、日本人としては試してみたいもの。年越しや正月に家族や親戚といただくのもよし、凍えてしまいそうな冬の日、あつあつのカニ鍋をみんなでつつきあうのも日本特有のものです。
世間的には春から7月前後までの期間のズワイガニの身は本当に上質だと有名で、うまいズワイガニを口にしたい場合には、そのシーズンに買い付ける事をイチ押しします。


花咲ガニが他のカニと違うわけは、北海道の花咲半島では多く育つ皆さんもご存知の昆布がその理由です。昆布を主食に育つ獲れたての花咲ガニは、濃厚な味をこれでもかと備えたカニなのです。
昆布を主に食べ成長した花咲ガニは、だしが格別なので、鍋物でいただいても最適です。花咲ガニは、水揚がとても少量のため、北海道ではないよそのカニ市場には例外はありますが、ほぼ取り扱われていません。
食してみると非常に美味しいワタリガニの時節は、水温がダウンしてしまう12月手前から5月手前までだと伝えられています。この頃のメスは一段と絶妙な味になるので、引き出物としてしばしば宅配されています。


お正月の記念すべき日に楽しさを加えようと鍋料理を膳立てする予定でしたら、毛ガニを取り入れてみてはいかがですか?並みの鍋もダシの効いた毛ガニを加えるだけで、あっという間に華やかな鍋に変化するはずです。
オンラインの通販で毛ガニをオーダーし、鮮度の高い浜茹でを各ご家庭でじっくり味わってみませんか?一定の時期には毛ガニが新鮮なうちに活きたまま、直送で自宅に届くことさえあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆみこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1994年1月24日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y22xw2uz/index1_0.rdf