ウェルシュ・スプリンガーで竹野

January 05 [Thu], 2017, 15:54
日本では、長寿化が加速し現在となっては超高齢化社会になっています。

この状況下で需要が高い職業が医師と看護師、介護士だと思います。

どれも専門知識と技術が必要とされ、簡単な仕事というわけではありません。

この3つの職種の従業者の育成を国は今よりもさらに考慮した方がいいと思います。

勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、一生継続しやすい仕事であるとも思われています。

妊娠により、一度休みを取ったとしても、復職しやすい職業です。

高度な専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことにつながっていると考えられているのです。

就職先に困ることがないとされるわりに、離職の割合が高い仕事でもあります。

実のところ、看護師さんは大変な業務が多いですね。

過労死を予防するために体調を管理したほうがいいでしょう。

条件が満たされていなければ早期の転職を念頭に入れてみてください。

重大な病気になれば、働くことすら、厳しくなります。

あなたの体調のことは周囲の誰も守ることができません。

看護師にとって負担が少ない病棟としては、採血室が例として挙げられます。

透析や採血、献血のような特有の仕事だけを行う配属先といえます。

身近な存在である献血センターもこの例に該当します。

ベースは同じ作業の繰り返しで採血が上手になりますし、人命にかかわるようなこともあまりありません。

どの科でも採血を必要とする場面が多いので、どの科に配属されても役立つ技能です。

皆さんの中には、看護師の年収は高いと考えている方も存在するかもしれません。

だけど、看護師は夜の勤務がない場合、それほど稼ぐことができず、トータルの年収もそれほどでも無いことがあります。

それにより、独身の時は夜の勤務がある病院で働いて稼ぎまくって、結婚後、夜勤のない医院に再就職する人も多いです。

看護師の転職で大事なのがやはり、面談です。

一般的に、看護師が面談の時に尋ねられがちな質問は以前の病院での仕事内容、以前の病院を辞めた理由、就職したら、この病院で何をしたいか、それに、看護に関する価値観などです。

こういった質問にスムーズに回答できるようにきちんと考えておきましょう。

実際の看護師の仕事は入院患者の治療だけでなく患者さんの身近なお世話まで、仕事のうちとなっているのです。

ですから、医療機関の中で看護師くらい多忙なスタッフはいないのではと考えます。

なので、これら看護師さんの仕事内容にあった処遇になってほしいと思います。

看護師の役割は一般的には激務だと考えられています。

近年の病院の労働環境の問題が原因で、長期間にわたって続く人手不足より勤務時間が長くなってしまう動向がみられるためです。

長い労働時間に加えて、1ケ月に何回か組み込まれる夜勤がありますから、普段から、疲労とストレスを抱えている看護師が多く存在するでしょう。

看護師は病棟の仕事仲間と食事会をすることがあります。

人手が足りていないので、全員出席することは困難ですが、予定を合わせてどんちゃん騒ぎに参加します。

病院での出来事など共通の話題や共感することが多く、ストレスが昇華されて飲み会は明るい雰囲気です。

友人の看護師が、少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。

どうしてなの?「暇でしょうがなかった。

もっとバリバリと働きたい」出来ることなら働きたくないと考える人が多い世の中で、退職金に関心を持っている看護師ももしかしたら、多いかもしれません。

国立や県立の病院だと、たくさんもらえます。

次に、退職金が多く支払われるのは、大学病院です。

規模が小さい医療施設の場合には、多くありません。

どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、大分部の人にとっていいとは限りませんが、基本的には、規模が大きい医療施設の方が待遇が良好でしょう。

看護師の働く場所は医療機関ですから、勤務時間は多岐に渡っています。

安定して休日を取得できないといった難問があります。

医療機関にとって看護師は大事な職業ですが、働く側にしてみると残念ながら良いとは言えない就業状態が珍しくありません。

看護という業務は多岐にわたります。

医師の診療に対する補佐するのが主な業務の内容ですが、また、患者さんのお世話や介助なども行います。

入院病棟か外来かによっても仕事内容は違います。

普通、仕事量が少ないのは入院病棟よりも外来であるため、ストレスとなるでしょう。

看護師は医師の指示により医療行為をする事が多いのですが、単純な医療行為であれば、医師の指示を受けなくてもできます。

だから、一例として、老人ホームなどといった福祉施設に看護師がいる時は、非常に心強いと思われます。

看護師は非正規雇用としてバイトやパートで働くこともあります。

その時、重要性が高いのが1時間あたりの給与です。

一般に、パートやアルバイトの看護師は正規雇用と比べて給料が安いことがよくありますので、せめて時給くらいは高くないとやりがいが見つけられないですよね。

可能な限り、時給は高いほうがいいものです。

交通事故で救急搬送された場合に、医師の見落とした鎖骨が骨折していることに気づいて処置してくださったのはまだ若手の看護師の方でした。

後になってから知ったのですが、とてもお若い人なのに看護師長の地位でした。

能力評価が正しくされた結果なのだと感じます。

顔見知りの看護師が長い間、人間関係で悩んでいたのですが、結局、先月、退職してしまいました。

このようなご時世、新人の看護師を迎えるとしてもそれほど看護師の仕事を希望する人が少ないとかで、病院側は対応を迫られているみたいです。

仕事を辞められてから困るくらいなら、そのようにならないように、もうちょっと看護師の待遇に配慮すればいいのにと考えます。

看護師が転職をしたいならちゃんとした履歴書を用意してください。

履歴書を書く際には、大事な要点がいくつかあるのです。

写真ですが、三ヶ月以内に撮影した新しい写真を使いましょう。

さらに、住所、氏名等の記入項目はより正確にきちんとした文字で分かりやすくじっくりと書く事が重要です。

看護師を志そうと憧れるようになったきっかけは、いろいろな病気やケガ、体調不良を抱えているクランケの手助けをする、仕事の喜びを感じたためです。

実際、私自身も以前入院中に、看護師さんのお世話になり、私が看護師として、患者の介助をしようと考えています。

知人が入院している病院におみまいに行ってみたら、慌しく看護師が複数の患者さんのサポートを行っているのを何度も見かけました。

患者の中には、しょっちゅうナースコールで助けを求める人もいました。

看護師さんは、医療に関わらない一般人からみても、いつも重労働ですね。

転職する際の看護師の志望動機には人によって異なる着眼点があります。

よくあるものとしては、最先端の医療や高度医療技術を身につけることと場数を多く踏むために、もっと専門性の高い病院に勤めたいということもあるでしょう。

それに、結婚、出産などによる家庭環境の移り変わりに合わせ転職せざるを得ないケースも何件もあります。

私の叔母が、ようやく離婚をして地元に帰ってくることになりました。

しばらくぶりに会った私の想像よりも叔母は元気そうで、「私は看護師資格を持っているから、仕事には困らない。

あんな男の世話になんかならなくても食べていくことくらいできるわ」と強がりではなく、笑っていました。

病院に来ると次々に患者さんがくるので、お医者さんや看護師の方は常に忙しそうにしています。

手際よくこなしていたり、大声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりと、性格がしっかりしていなければ、無理な非常に大変な職業だと思います。

ただし、その分、とてもやりがいがある職業だと思いました。

今でも、看護師は人手不足です。

人手の不足を改善するには、看護師の免許がありながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、看護師として仕事をしてもらうことが良いでしょう。

そうするには、柔軟な働き方が出来るように、早急に、医療機関が直すべきところを改めていくことが重要です。

看護師が派遣で働く際には、利益や不利益があったりします。

まずは、良い部分としてそれほど長期にわたって働く必要がなく、条件や都合に沿って他の職場に自由に移れることです。

悪い部分は、昇給やボーナスがないので、長期の勤務には適さないということでしょう。

日本中の病院や様々な医療機関の現場では、長い期間ずっと看護師が不足している状況が継続中です。

そのため、就転職に関して看護師は極端な売り手市場だということができます。

看護の資格さえあれば、希望や適性にかなう職場を割と容易に選ぶことができます。

看護師の仕事に就くとすると、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「この世界で働くんだ」という固い決意が大事だと思います。

専門職だから、通常のOLなどよりも収入はよく、働き口に困ったりもしません。

でも、普段はほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけません。

看護師の仕事は、すごく重要で、どんな病院とか医療施設でも絶対に必要な担当領域を任せられています。

大切な職務であると共に、夜勤というイレギュラーな勤務形態により寝る時間の少ない看護師も少なからずいます。

看護師の仕事には自分自身の健康の管理も重要な問題だといえるのです。

一般に、看護師の平均給与額は、激務の割に、それほど高額ではないのが実態であるようです。

ですから、いつもよりよい月給を支給してくれる勤務先を志望して転職に向けて活動している人がいます。

賃金が高い病院は、とても人気があり稀にしか空きが出ないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動しているケースも少なくありません。

もともと看護師は、病院やいろんな医療機関で重要な役目を担当しています。

しかし、病院や医療施設のそのほとんどでは看護師不足に頭を痛めているというのが現状であります。

医療現場では、看護師が不足しているという問題を解消しておりません。

この先は、わずかでも早くこの問題を解決に導く必要があると言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒカリ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y1peb7ujvlh8ox/index1_0.rdf