髪を染めるとハゲると言われる理由

September 20 [Tue], 2016, 0:54
髪を染めるとハゲる可能性が高くなるとよく言います。実際には髪を染めることが薄毛の原因になるわけではありません。とはいえ髪がダメージを受けることは間違いないです。

しかし普通は髪が多少のダメージを受けても薄毛にまではならないものです。どうして髪を染めると薄毛になってしまうのか、その理由はカラー液にあります。このカラー液が髪だけではなく、頭皮にまでついてしまうのがダメなのです。

カラー液は頭皮にとっては危険な代物です。液が付着するだけで炎症を起こしてしまうこともあるのです。頭皮の炎症は薄毛の悪化の原因です。炎症を引き起こしてしまう可能性の高い髪染めという行為が、将来ハゲになるリスクを高めてしまうのです。

しかし逆に言えば、カラー液が付着さえしなければ、いくら髪を染めても問題ないということです。


育毛剤についてについて
育毛シャンプーの効果的な使い方

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りつこ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y19e7ujm/index1_0.rdf