朝鮮を目撃した子供の成長

February 02 [Sat], 2013, 10:27
子供が小さい時に覚えた言葉。

「朝鮮目撃 セガサターン」

昔、テレビなどで流れていたCMのキャッチコピーなんですが、
何のキャッチコピーだかわかりますか?
「セガサターン」と名前を出しているので、そこはわかると思うのですが、
いったい本当はなんて言っていたのでしょうか?

さすがに「朝鮮目撃」は有り得ません(^^;

正解は『脳天直撃 セガサターン』でした。



一体どうしたらこんな風に間違えられるのでしょうか?
この頃は確か2歳か3歳くらいだったと思います。
朝鮮なんて言葉を教えたことはなく、「朝鮮直撃」ならわかるのですが、
直撃⇒目撃に見事に変化をしているのです。

さすがにここまでの間違いは笑うしか他ありません。

その他に、大きくなってからのこと。
とあるショッピングモールで警備員が訓練をしていた場所にに遭遇した時の話

「警備員が何人かで猿股を持って訓練していた」
と言ってきたのです。
警備員が猿股?・・・・意味不明です。
警備員に付き物で『サルマタ』に似たキーワードのものを探しました。
サルマタ・・・・サルマタ・・・・サルマタ・・・・
「そうだ!『サスマタ(刺股)』だ!!」と思い付いたのです。



これには笑いさえも出ませんでした。
だって19歳の時ですからね(^^;

でも大人だってありますよね。

正直、自分にもあります。
例えばクロスガーデンをフライングガーデンと言い間違えてしまいます。
これはたんに言い間違いではなく、素直に思い違い認めます(^^;
朝鮮目撃と同じパターンですが、サスマタとは違うパターンです。


そんな息子も既に27歳。
残念ながら就職活動に失敗して、
いろんなアルバイトをこなしながら何とか生活しています。
勿論、今でも就職活動はしていますが、
なかなか見つからないのが現状で、
こんな世の中には、失望感さえ植え付けてしまったようです。

しかし、少ない給料の中でも、お金を増やすべく投資をしているようです。
金額はたいしたことはないのですが、
それでも小遣いくらいにはなっているようです。

その投資はバイナリーオプションで、大切なのはテクニカル分析だと言い、
そのおかげで少ない資金で小遣い稼ぎをしているようです。
参考にしているサイトがあり、そのサイトのおかげだと言っていましたが、
このサイトの関しては、画面を見ながら説明してくれたので、
言い間違いはない
≪バイナリーオプションで必要なテクニカル分析とは≫
だと教えてくれました。

変な言い間違えをしていた息子が、ここまでするようになったんだと思うと、
なんだか不思議な気持ちですが、
早く就職ができるよう、応援して行きたいと思います。(^^)








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りくと0dvu
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる