便秘解消 方法 

September 29 [Wed], 2010, 12:27
便秘解消 方法

最近では「朝は時間がない」といって朝食を食べない人が増えてきました。 しかし朝食を抜くと、便意につなげるために重要である、胃・大腸反射、直腸・結腸反射が正しく機能しなくなってしまいます。
それが原因となって便秘を起こしやすい体質に変化してしまうのです。 朝食を適度な量、規則正しく食べる習慣をつけることで、胃から腸が刺激され、大腸の蠕動運動が正しく行われ、便意をもよおすようになります。 本来、人間にとってそれが正常なサイクルなのです。 ダイエットなどで食事量を極端に減らしたり、朝食を食べないと便秘になりやすい体質を作る原因となるので注意してください。

便意を感じていながら、仕事の都合や、いろいろな理由があって我慢してしまうことは誰にでもよくあることだと思いますが、これを習慣にしてしまうと便秘に影響します。
女性によく見られるケースですが、便意を我慢することを習慣にしてしまうと、直腸性便秘になりやすくなります。
この便秘は便を我慢し過ぎた結果、便が出にくくなってしまうという便秘です。 便意をもよおしたら恥ずかしがったり遠慮をし過ぎずに、きちんとトイレに行きましょう。 便意がなくても毎朝、朝食をとった後にトイレに行く時間を作ります。 その時に3分くらい排便の体勢をとるようにしましょう。 これを習慣づけることで朝、便意をもよおすサイクルを体が学習し、便秘の予防や解消につながります。

水分は私たちの身体にとってとても大切なものです。
便秘解消の為に重要な役割を持っています。
水分は腸に適度な刺激を与えて排便反射を促すきっかけになるからです。 水分が十分にあると、大腸で食物繊維に吸収され、腸内を綺麗に掃除してくれます。 そして、便をやわらかくして通りを良くしてくれたりします。 水分不足が原因で便秘になることがあるほど、水分と便秘は密接な関係にあります。
成人であれば、体重1kgあたり40mlの水分が必要です。
体重50kgなら、食物中の水分も含めて2リットルの水分をとる必要があります。
しっかりと水分をとって便秘を解消・予防しましょう。

▼便秘解消サイト▼

便秘解消 方法

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y18a411d935
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる