子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)

May 20 [Thu], 2010, 10:04
 栃木県大田原市で13日、小学校6年生の女子児童を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種が始まった。1人当たり4万5000円の費用を市が全額負担する集団接種は、市などによると全国でも初めてという。来年度以降も続ける方針。

 市によると、市立小23校で来年1月までに、6年女子334人のうち希望者329人に接種する。福祉政策に力を入れており「女性の命を守ることは少子化問題の観点からも重要」として公費負担を決め1人3回分、計約3000万円を10年度予算で賄う。初日は金丸小の10人が接種を受け「がんになるのはいやなので、注射してよかった」「思ったより痛くなかった」と話したという。

 立ち会った自治医大の鈴木光明教授(産婦人科学)は「接種率を上げるには集団接種が有効で、学校での接種は素晴らしい」と話した。

 子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、3回で計5万円前後の費用がネックになっている。【柴田光二】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:子宮頸がんワクチンって?=回答・小島正美
追跡・発掘:子宮頸がん 理解進まず受診率低調 4市町村で予防接種助成へ /山梨
ことば:子宮頸がん /山梨
子宮頸がんワクチン:県医師会「公費助成を」 市町長に要望書 /栃木
健やかわかやま:子宮頸がん予防接種、6年生女児に7月から−−御坊市 /和歌山

元妻の連れ子との婚姻届受理、戸籍上は「夫婦」(読売新聞)
カキツバタ 雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
医療機関に製品事故の調査員を配置へ−消費者庁(医療介護CBニュース)
裁判員裁判、通訳人の誤訳やはり頻発 外国人被告に「悪い印象」(産経新聞)
羽生名人、4連勝でタイトル防衛(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/y14qlkbr/archive/69
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。