地下鉄サリン事件15年、遺族や関係者が献花(読売新聞)

March 27 [Sat], 2010, 22:55
 死者13人、負傷者6000人以上の被害が出た地下鉄サリン事件から15年がたった20日、事件現場となった東京メトロの6駅に献花台が設けられ、遺族や駅職員らが花束をささげ、犠牲者の冥福を祈った。

 職員2人が殉職した霞ヶ関駅では、事件発生とほぼ同じ午前8時の時報とともに、駅事務所内で職員23人が黙とうした。同8時半には、鳩山首相が白いユリの花束を献花した。

 同駅助役だった夫の一正さん(当時50歳)を亡くした高橋シズヱさん(63)も花束を手向け、「オウム真理教被害者救済法ができて被害者の実態が分かってきたが、ゴールではない。治療態勢を整えるなど、対策をきちんと取ってほしい」と話した。

パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす−神奈川県警(時事通信)
アシアナ機オーバーラン、報告は2日後(読売新聞)
<障害者自立支援法訴訟>和解…負担ゼロ、母の願い(毎日新聞)
基地機能、5割超を県外移転=政府が方針−普天間移設(時事通信)
「鈴木」姓 全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/y14qlkbr/archive/53
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。