航空機アイドリング時間半減15分に…関空(読売新聞)

January 16 [Sat], 2010, 8:58
 航空機もアイドリング・ストップ――。

 関西空港会社は、航空機がエンジンの始動時などに動かす動力装置(APU)の使用制限時間を、国内空港では最短の「出発前15分間」に短縮する。1年間で1450世帯分の排出量に相当する約7500トンのCO2(二酸化炭素)削減につながるという。14日から国内外の航空会社に協力を求める。

 APUは航空機の尾部にあり、駐機時のエンジン始動や電力供給に使う。航空燃料を使って発電するため、大量のCO2が出ることから、使用時間を制限する空港が増えている。制限時には、駐機場地下の発電装置からケーブルを伸ばし、電気を供給する。

 関空会社は2003年1月からAPUの使用制限に取り組み、これまでは出発前30分間にしていた。成田、中部も現在、出発前30分に制限しており、関空は今回の運用規程の改正で、「世界的にも最も厳しい水準になった」としている。

ハイチに医療チーム=政府(時事通信)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)
ズボンの下…刃物の柄を見せ「金を出せ」 大阪・茨木のコンビニ(産経新聞)
<雑記帳>「聖地」で恋活パーティー 香川・宇多津町(毎日新聞)
<鳩山首相>「それぞれが責任を」 日本航空企業年金減額で(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/y14qlkbr/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。