国内のスマホゲームマーケ・・・に関して

December 21 [Wed], 2016, 5:16
こんばんは。国内のスマホゲームマーケットは、絶え間なく進化しています。しかし、最近では市場規模は拡大しているものの、アプリのDL総数は増加していません。なぜでしょう?スマホがどのような理由でポータブルゲーム機としての側面を兼ねるようになったのでしょうか。その答えは「みんなが持っている道具」という事に集約されます。また、女の子でも楽しめるゲームが市民権を得てきている事も挙げられます。女の子向けは、従来は主に恋愛小説のようなゲームがほとんどでしたが、ストーリー性を重視したパズルゲーなどが登場し絶賛されています。スマホゲームを選ぶときには、いろいろなレビューサイトを見てみるのもアリかと思います。スマホゲームおすすめ攻略レビューのレビュー記事は、詳しい人がレビュアーですのでオススメです。ちなみに、ゲームのレビューサイトは無数にありますが、実プレイに基づいてなかったり、ゲームメーカーの依頼で書いた記事であったりするという事例が大部分です。"スマホゲームおすすめ攻略レビュー"というサイトは、ゲームを実プレイしたレビューなので参考にしています。

リアルな人とPTを組むタイプのゲームは時間がかかりますね、と言いますか仲間がいると抜けにくい…なのでなかなかできませんが、仲間と協力するのであまりギスギスオンラインでないのはたまにプレーしたりしますね^^; 「どう頑張っても貴重なキャラクターを確保していないとこれ以上進めない。」…無課金で遊べると言ってるのに…と体感しませんか?無料で遊べますとPRしているのに、「実はお金使わないとクリア不可能!」というRPGは少数ではありません。モッピーで地道に貯蓄したポイントを、Googleのギフトカードなどと引きかえする事ができれば、新作スマホゲームで課金が必要な事を、いちおうお金をかけずに実施できます。少数のたくさん課金する人の支払った料金によってサービスが支えられています。無料DLのゲームでは高額決済可能なプレイヤーが支出するという、従来のビジネスの仕組みと同様になっています。種類はFFみたいなロールプレイングゲーム、シヴィライゼーション系のSLG、リアルタイムストラテジー(RTS)がプレイすることが多く、友人に誘われた時は弾幕系のSTGも楽しんだりします。人気のパズルはものによってプレーしたりします。具体的な内容については、次の スマホゲームの情報を知るには をご参照ください。

話は変わりますがスマホゲームの中で、”RPG”とは名ばかりの放置ゲームやRTSが割と多かったりします^^;古くからのゲームヲタとしては、こういうのにロールプレイングゲームというのはやめにしてほしいですね〜 ゲームアプリはどう転んでも時間とお金を使った人ほどどんどん先に行くという現実があって、アプリゲームの開発や運営の会社は仕事でやっているのでしょうからそれってまあ不可抗力なのだろうと思ったりはします…。ここ数年では学生に限らず、普通のサラリーマンまでがハマっているスマートフォンゲーム。大人気のポケモンGo、またはセブンナイツ、さらにはアイドルマスターなどが売上上位のようです。ところで昔はお金を使わないと、アプリゲームが進行できなくなったりしてしまうのが頻繁に起こっていたのですが、現在では課金しなくても支障がないソーシャルゲームも増えているようです。マスタークラスの人達とは、一般的にどんな方々なのでしょうか?どうやら企業経営者や医師などの高報酬の人達が大抵上位ユーザーとなっているのが実際のようです。それではまた。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y07n2t26knp0bw/index1_0.rdf