夏休みキャンプ 報告会&写真展

October 18 [Thu], 2012, 4:24
放射能汚染のために外遊びができない福島の子どもたちを招待して、この夏に保養キャンプを開催しました。
その報告会を今度の土曜日に中野で開催します。
キャンプの報告だけでなく、原発事故から福島でどのような生活を送っているのか、また、福島から避難してどんな思いをもっているのか、お話してもらいます。
ぜひ、聞きにきてください。
よろしくお願いします。
夏休みキャンプ報告会夏休みキャンプ報告会写真展放射線量の高い地域でくらしている子どもたちに、思いっきり外遊びをしてほしい。
そんな思いで企画した南房総での保養キャンプ。
春休みに引き続き、夏休みも福島県御山地区のおやま子どもクラブの子どもたちと楽しく過ごすことができました。
避難先から参加した友だちとの再会もありました。
キャンプのことや、子どもたちが今、福島でどんな生活を送っているのか、そんな話を聞きに来てください。
ステキな写真もたくさんあります開催日10月13日土時間14001600写真展は12001900入場料無料場所なかのZERO西館美術ギャラリー2F中野区中野297JR、地下鉄東西線中野駅南口から徒歩8分開催日10月13日土時間14001600写真展は12001900入場料無料場所なかのZERO西館美術ギャラリー2F中野区中野297JR、地下鉄東西線中野駅南口から徒歩8分お話311、そして福島の今おやま子どもクラブ主任指導員芳見千鶴さん映像福島ー中野ー南房総トライアングル保養キャンプスライドショー避難先から保養キャンプに参加して受け入れ先、南房総から保養キャンプ共催結の会会場のみなさんとトーク福島からー芳見千鶴さんキャンプに参加している子どもたちが通っている学童保育おやま子どもクラブの主任指導員。
キャンプ企画段階から関わり、保護者の方々にキャンプへの要望を聞いてくれたり、福島での説明会をアレンジしたりとテルH、なかのアクションと保護者とをつなげてくれました。
報告会では、3月11日に学童で何が起こっていたのか、あの日からこれまでの福島での生活などについて話していただきます。
避難先から311の後、子どもたちと関東で避難生活を送っている、おやま子どもクラブに通っていたきょうだいのお母さんに、キャンプの感想や現在の生活などについてお聞きします。
春、夏ともキャンプに参加してくれました。
南房総市からー保養キャンプ共催結の会春キャンプでは磯遊び、野草採りやフリスビー、地元の子どもたちとの交流会、夏キャンプでは海水浴、スイカ割りや流しソーメン、アフリカンスのワークショップなどなど、子どもたちが大喜びのプログラムを企画して、保養を受け入れてくれた結の会から、キャンプ実施に関するお話をお聞きします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y02nup4l54
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/y02nup4l54/index1_0.rdf