風車をまわすもの 

2006年06月27日(火) 11時30分
風車をまわすものは

風のようなもの

すき通っていて

目にはみえないもの



私たちの心を動かすものも

目にはみえないけれど

それはとても強い力をもっている

大切なものを守る気持ちや

勇気とか

誇りを傷つけられたくやしさとか

笑いがあふれるような愛とか  いろいろ

くるくると心の羽がよく回ってる人って

勢いがあっていさぎよい



私が  もうすっかり忘れていた

いつか私が言ったという言葉を

あなたは大切にもっていて

私を  おどろかせた

君にすべてをあげる 

2006年06月25日(日) 23時06分
待ちにまった映画は とんでもないものでした

僕たちは無言で映画館を出て

雨の中 ひたすら人混みを歩いた

もてあまして入った店のランプのあかりにホッとした

もうなんにも考えないことにしたこと

君が言った

僕は意味がわからなかった

コーヒーがきた

わかってるのかな

君はむずかしい顔

よくするけど


にっこり笑って

なんとなくあきらめる

幸福な感じで観念して

君にすべてをあげる

苦しい恋 

2006年06月23日(金) 22時47分
苦しい恋の羽の下

すこしだけ息をしながら

どうしようかと考えた

どうしてこんなに世界が

せまくなってしまったのだろう

すべての考えがみんな

彼へと向かっていく

小さな迷い 

2006年06月23日(金) 22時38分
どうしようかと迷うこと

小さな期待と

大きな不安

何もかもはっきりとよくわからないからいいってこともある


迷って迷って

最後に

心の決めたところへ行けばいいかな


マーブル状に入り組んだ

心の模様が すきとおるように見える


どうしてこんなにあやふやな

気持ちになってしまったんだろう

時の配分 

2006年06月22日(木) 19時21分
見つめ合った時間だけひとりの時間が深くなるなら

この今の時間は あなたと共有している時間は

いったい誰の時間だろう

僕たちの時間は僕のものでも あなたのものでもなくて

恋のものだ

その恋を失った時に

僕の中で失ってしまう時間というものを覚悟しなければ

今 あなたの口からこぼれる愛の誓いにも約束にも

いさぎよく身を投じることができない


あなたの瞳の配分をゲームのように理解して

あなたの嘘の配分をおやつのように楽しんで

薄いラベンダー色の便箋にあなたに夢中な人への言葉を真剣に書いている

かわいらしい浮気者の

うわの空の口づけを待っていた

あのカケラ 

2006年06月22日(木) 19時11分
月の色の月のカケラ

氷のような頬にふれる感触

この胸の痛みの感覚

レモンの冷たい味

静寂をつき破る静けさの切っ先

夢のように僕たちは 

2006年06月21日(水) 19時34分
夢のように僕たちは

生きてきて ここへ来た

時間も涙も苦しみも みんな

遠く霞がかかった辺りに

おいてきた


歩いてきたのに

まだ歩くみたいだ

きっとずっと同じかもしれない


同じかもしれないね




時間なんかおいてこれるはずないじゃないか

涙だって

苦しみなんかもっとさ


夢のように僕たちは悲しくて

夢のように僕たちはうちふるえて

夢のように僕たちはひとりぼっちです

あの恋の力を 

2006年06月21日(水) 10時01分
裏切りが美しく破滅的に純粋なら

もう 追いかけたりせずに

あなたを愛しぬこう

その事実がこれ以上どちらにも味方しないのなら

このままここにとどまって

夢の終わりをみとどけよう

使い果たしてしまったこの恋の力を

どうしようもなくなるほど

イヤというほど見せつけられて

間違ってしまったとしても

一度は殉じようとした

あの思いの強さを

後悔でも憧れでもいいから

心から受け止めよう
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ブログ日記。クリックしてね!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y-shiho-1015
読者になる
Yapme!一覧
読者になる