SFJAZZ 2 

October 21 [Fri], 2011, 4:54
火曜日の夜、素敵なジャズナイトを過ごしました。

全国で有名なソロのジャズニストたち8人が集められ、スティービーワンダーの曲をジャズにアレンジした曲や8人のオリジナルの曲が聞けて、本当に良かった〜。

帰りにCDアルバムにそれぞれのサインを頂きました。

これは、ジャズ好きのうちのママにプレゼント!

World Record & Championship Belt 

October 21 [Fri], 2011, 4:20
この前の日曜日に、ザックがパワーリフティングの大会に出ていました。

大会は、車で20時間ほど離れたオクラホマシティーだったので、トラックドライバーのジム仲間(パワーリフティングのプロ)ともう一人ジム仲間とで、夜通し運転をしていたようです。

大会での成果としては今までで一番。

ザックは、総合優勝なので、チャンピオンベルトをもらいました!

写真見れます。
http://www.nasa-sports.com/BeltWinners/championship_belt_winners.htm

トラックドライバーのジム仲間の人も総合優勝(ヘビー級)なので、ベルトをもらっていました。

ミドル級の総合優勝はザックともう一人の人の二人だけだったようです。

あと、種目ごとでもトロフィーを2つゲットしていました。

Congratulations!!!

Green Card Interview 

October 20 [Thu], 2011, 15:23
木曜日の午前中、グリーンカードの面接がありました。

面接があるピッツバーグまでは、車で3時間くらい離れています。

沢山の書類を持って、正装をして行きました。

面接にかかった時間は30分くらいで、色々と質問されましたが、グリーンカードは2週間後に届くとのこと。

面接には、パスポート、出生証明書(戸籍謄本)、結婚式の写真とか、ありとあらゆるものを持っていき、面接が二度手間にならないように、完璧に準備して行きました。

案の定、どこかで紛失されてしまった戸籍謄本の再提示を求められました。もちろん、紛失したのはこちらではなく、あちら側。

でも、そんなのアメリカでは普通のことなので、想定内でした。

予備の戸籍謄本を持って行って良かった。

あと、結婚式の写真は、念のためアルバムごと持っていき正解でした。

とにかく、面接が一度で済んで良かった〜!

Universal Light Expo 

October 07 [Fri], 2011, 23:20
先週末、Universal Light Expoに行きました。

体験型の展示会と講義があります。

テーマは、ヒーリング。

サイキックリーディング(スピリチュアル、占い系)
チャクラ
リフレクソロジー
針治療
ヨガ
チェアーマッサージ
オーラ写真
アロマセラピー
フラワーセラピー
瞑想
ネイティブアメリカンのフルート
Iridology
アニマルセラピー


まだまだ沢山あって一日では見切れないけど、今日はチベットのお坊さんによる瞑想やヨガをやったり、Iridology(黒目を見て健康診断)やフラワーセラピーをしたり、プラナの講義を聞いたりしました。あと、オーラ撮影もやりました。

因みに、私のオーラはクラウンチャクラ(頭上)の周りに大きな黄色のオーラがあり、胸元には白い光が放っていてそのまわりに紫色が出てました。
論理的な部分とスピリチュアルな部分が半々ということでした。

それから、フルート演奏の講義に参加したり、笑うヨガを体験したり、針治療をやってもらおいました。

アメリカンインディアンのフルートの奏でる音に魅了されてしまいました。

一時間しかないので、ほんの少ししか吹けなかったけど、アメリカンインディアンのフルートの奏でる音がますます好きになりました。

いつかは、人前で披露できるようになりたいなと思います。

Laughter Yogaのクラス。
とにかく笑いながらアクティブに動きながら、初めて会った人たちの前で笑うだけなんだけど、いっぱい呼吸をしながら、腹筋と表情筋が鍛えられて、でも、こわばってる筋肉が緩んで、幸せモードになれるよ。それから、自分が自分にハグをしてあげる動きもあったりしました。自分をぎゅっとしてあげるのもたまには必要だなと感じたので、とても良い経験でした。

その後は展示会場で、針治療を15分くらい腰と肩にやって貰いました。腰の痛みはしばらくすると消えていました。

Overall, it was a great expo experience!!!

SFJAZZ 

October 07 [Fri], 2011, 1:15
10/18/2011にウェストバージニア州立大学at Parkersburgで、ジャズのコンサートがあるので、行く予定です。

アメリカでジャズのコンサートは初です。

全国をツアー中の8人ジャズニストによる、スティービーワンダーコレクションだそうです。


Bodyflow 

October 05 [Wed], 2011, 23:32
今日は、ジムで無料のクラスに参加しました。

ヨガとピラティスと太極拳を融合したエクササイズで、女性のインストラクターさんが丁寧に教えてくれました。

終わった後、膝が笑って階段降りるのが大変でした。こりゃ明日は、筋肉痛でまちがい無し。

それにしても、ヨガは良い!私にピッタリのエクササイズです。

新体操をやってたおかげで、体はほぐせば少しは柔らかくなるし、軟体と言われた私の腰もまだ健在でした。背筋力もありました。



ヨガを読み解く! 

September 23 [Fri], 2011, 16:42


この辺りに唯一あった本屋さんがつぶれちゃって、本当にがっかりなんだけど、最後にセールをやってたので本を買いました。

ヨガを科学しようと思います。

この本は、ヨガのコンセプトやポーズを説明するだけではなくて、解剖学的な観点から見るヨガの本なので、ヨガをする上での頭脳作りになりそうです。

まずは、呼吸とは何ぞやという話から始まります。筋肉や骨との密接な関係を、専門的に、でも優しく解説してくれています。

科学的にヨガを読み解くと、ただ単にヨガのポーズを覚えるより効力が上がるので、この本はヨガインストラクターなどが薦めているようです。

この本には書いてなかったけど、瞑想を日常的にやっている人の脳ではα波が活性化しているという実験結果があります。

大昔から伝えられてきた人間の知恵が、どこまで科学的に理にかなっているものなのかを知ることは楽しいです。

体は良くできた機械みたいなもので、かなりセンシティブな作りになってはいるけど、きちんと解説書を読めば、長持ちするはず。その機械に無理をさせずに正しいリズムで作動させるためのヒントがヨガから得られると思います。

ヨガだけではなく、他にも色んなところからヒントを得て、自分の体がストレスレスな状態を作れるように、色んな体験をしてみたいと思います。






Tai Chi / Qi Gong 

September 13 [Tue], 2011, 3:52
今日から週一で、ジムのグループエクササイズに参加してます。

太極拳/気功です。期間は8週間。

クラスは5人くらいの少人数で、私ともう一人が初参加で、後の人たちは前からやっているおばさまたちでした。

先生はマスタージョンという仙人みたいな先生で、
マスタージョンはブルースリーの弟子の弟子だそうです。

指圧やリフレクソロジー、霊気、針治療のマスターでもあります。

興味深し!

結婚式の準備 

May 04 [Wed], 2011, 15:33
今日は、色々と楽しい一日でした。

ザックとザックのお母さんとショーニーズに行って朝ごはんを食べて、そこで色々と決めました。

まず、式をいつにするか。いちお、6月20日が大安の日なんで、それで決めたのだけど、あいにくその日はウェストバージニア?デーなので裁判所は閉まってしまいます。なので6月8日を選びました。

その後、お母さんと指輪を見にお店へ。

気に入った指輪3つほど選んできました。

そして、その中からザックが選びます。

ザックがどの指輪にしたかは式の日にサプライズで分かります。

最初は、裁判所でcivil weddingのつもりでしたが、教会のミニスターにお家に来てもらって、お家で結婚式です。

そして、当日着るドレスをお母さんと一緒に選びに行きました。カジュアルなドレスですが、エレガントな雰囲気の物を見つけられました。

あー、楽しかった!

神様は乗り越えられない試練は与えない 

April 05 [Tue], 2011, 18:36
4月12日からJINの再放送が始まる。
そして、4月17日からJINの続編がスタート。

「神様は乗り越えられない試練は与えない」っていうセリフが個人的に気に入っています。

もうだめだと思った時でも、救われるような言葉だと思うのです。この言葉を信じたら、なんだか心が軽くなったり、何事にも前向きに挑戦出来るような気がするので、今の東日本をはじめ、世界中の人が絶望の中で希望を持っていける言葉として、No.1かもしれない。(言い過ぎか?σ(^_^;))

神様っていうと宗教地味ているので、最近は日本人が敬遠しがちな言葉だけれど、あえてこの言葉で表現することで、得体のしれないものが分かりやすくなるっていうだけのこと。神様って言葉であまり硬く考えることではない気はします。

神様がいるかどうかはともかく、どんな人生にも試練があることは確かであり、どんなに辛いことでも、生きている限り、それを乗り越えるために生かされている=その人生に必要な試練を与えられてるのだと思います。試練を与えている存在を言葉で言い表すなら、神様という言い方になってしまうけど、本当に神様が試練を与えているのかは分かりません。

ただ、生きるということは、エネルギーが必要なことであり、時に楽しく、時に辛いものだということは、一人一人が身をもって体感出来ることだと思います。

では、時間的に短い命でもそれなりの長さがある命でも、命が途絶えるとは一体どういうことなのか?

これは仏教的な私の意見だけれども、肉体的な意味で存在が見えなくなっても、魂はいつまでも生きていて、魂の成長を遂げる為に人は生まれるのではないかと私は解釈しています。肉体を借りて生きて、物理的にも精神的にも人生の試練を味わうことで、魂の成長が出来るとすれば、つまり死を迎えることとは、その肉体を通しての魂の成長をひと段落するというだけのこと。

今度は違う人間として、違った環境の中で再び生まれ、前の人生で達成出来なかった試練や新たな試練に立ち向かうまでの間の「魂の休憩時間もしくは補習時間」的なことが、死後の世界では行われているのではないかなと思います。

本人の意志とは別に、突然やってきた死もそうだと思います。それは誰かの闇雲なイタズラではなく、肉体的&精神的にも頑張った魂のための休憩時間であったり、(例えるなら)次の学年の勉強が始まるまでの補習や予習の時間だったりなのだと思います。

そう思うことで、悲しいだけの別れではなくて、「お疲れ様でした」というねぎらう気持ちにもなれると思います。

もちろん、生きることは、美味しいものを食べたり、人の温もりを感じたり、楽しいことも沢山味わえる。でも、死後のせかいで、何も感じることが出来ないなんて誰が決めたんだろう。

魂だけでは、物理的なことは感じられないかもしれない。けれど、魂が全てを忘れて、何もない世界で浮遊してるだけだったら、誰も仏壇に手を合わせることもしないと思います。

話はずれてしまったけど、生きることとは試練の連続で、決して諦めなければ、どれも乗り越えていけるし、自分の魂の糧になっているのだと思います。

諦めたら、いつかまたその試練に出くわして、再び辛い思いをする。その繰り返しにならないように、諦めないことが、試練を乗り越える秘訣なんだと信じます。
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像yumi
» Bodyflow (2011年10月13日)
アイコン画像yumi
» SFJAZZ (2011年10月13日)
アイコン画像kstar
» Bodyflow (2011年10月11日)
アイコン画像kstar
» SFJAZZ (2011年10月11日)
アイコン画像yumi
» Tai Chi / Qi Gong (2011年09月21日)
アイコン画像kstar
» Tai Chi / Qi Gong (2011年09月21日)
アイコン画像通行人
» 3.17.2011 (2011年03月23日)
アイコン画像ジェニファー
» 3.17.2011 (2011年03月21日)
アイコン画像通行人
» 3.17.2011 (2011年03月21日)
アイコン画像kstar
» 2010冬の予定 (2010年12月08日)
Yapme!一覧
読者になる