めぇる

2007年01月30日(火) 2時25分
わぁー珍しい、コトもないけど、今日は君といっぱいメールしてる。
「寝れないよー」
ってメールを送ってみたら、ちゃんと返事返してくれるからときめいた。
明日は朝早くないからって言って私の相手をしてくれる。
相変わらず優しい。
やっぱり甘えちゃうよ。

今だけ。

2007年01月29日(月) 21時49分
占いへ行った。少し前に。
「今年の7月までだね」
そんなコトを言われた。
ものすごいショックで、違う占いへ行って同じ相談をしてみる。
「彼はあなたのことをちゃんとスキよ」
そんな言葉を聞いて、泣きそうなほどホッとする。

自分が思っているよりも、私は君のコトを好きなのだ。と実感した。
多分ものすごく。


帰り際に、車の窓ガラスに
「すき」「きをつけて」「バイバイ」
そんな言葉を書いて、にっこり笑ってくれる君がスキ。

友達と旅行の計画を立てるときに、私も混ぜてくれようとする。
私が「ムリそうかな」って言うと
「じゃあ俺もやめとこうかな。一緒に行きたいし」
そんな風に言ってくれるトコロもスキ。
一緒に想い出を作ってくれようとしてるトコロがスキ。

私も分かってる。
君もたぶん分かってるんだと思う。
こーゆうのが出来るのが今しかできないこと。
だからこそ余計に。嬉しい。

自信。

2007年01月29日(月) 21時36分
友達と友達の彼女とお茶をした、そんな話を聞いた。
私はそれだけでヤキモチを焼いてしまう。
だって、心狭いもん。私。
同じ空間に女のコがいるなんて。イヤだ。
とか言えるワケない。けども。
よく話すコだったみたいで、初めて会ったけど普通に楽しかったよ。って。
「ふぅん。そうなんだ」
そんな言葉しか出てこない。
比べてしまう。
私は人見知りしてしまうから、君の友達ともいまだにうまく話せないし、
初対面の人と話すなんて、ものすごく緊張する。
だから、そんな風に誰とでもうまく話せる人の方がきっと良いんだろうなとか
イロイロ考えて、かなわないなァと思って卑屈になってしまう。

どうせワタシなんか。

君は私に言う。
「もっと自分に自信をもたなきゃ」

でも。私の人より優れているトコロってどこなのかわからない。
そもそも、そんなところ、ナイように思う。
人から誉められるコトなんてナイし、何に自信を持てばいいの。


自信がないから、一歩ひいてしまう。

(無題)

2007年01月26日(金) 21時04分
あー分かったかも。
私はおまけがいいんだ。
主役じゃなくておまけ。脇役でいいのに主役にしてくれようとされると焦るのね。
なるほど…

頼る

2007年01月21日(日) 3時50分
私、しんどい時に人に頼るのがヘタなんだ、多分。
できもしないくせに自分で全部解決しようとして何でもないフリをして溜め込むから、だから限界になったら軽く暴走するんだな。
誰からの連絡も全部無視したり、電源切って放ったらかしにしといたり。

しんどいときに素直にしんどいって言えるようになりたい。
でもそうしたらきっと後でまた私は申し訳なくなって、結局堂々巡りになるのかな。


助けてと言えば君は優しいから私を助けようとしてくれるんだろうな。
でも君にそんな負担をかけるつもりはナイ。
結局私は一人がスキなんだなってたまに思い知る。

ダメ期

2007年01月21日(日) 3時28分
なんかダメ期だ…。
全部マイナスに思えてしまう。
何にもしたくない。
こんな仕事もイヤだし、君と会うのもしんどい。
あなたの名前だって見たくない。
電話帳にわざと違う名前で登録し直して、着信音も鳴らないようにしたり…私ナニやってるんだろう。

本当にね、君と一緒にいても私の居場所がない気がしてしまう。
君の誘いを断るコトが多くなってきた。
やっぱり私とは違う世界のヒトだと思ってしまうし、君が元気のない私に何かしてくれると、自信のない私は余計に申し訳なくなってしまって一歩ひいてしまう。
だからきっと余計に遠く感じるんだ。
そうしてるのは自分なのにな。
私はなんでいつも同じ道を通ってしまうのかな。
今まで何回もおんなじ失敗を繰り返してきたのに、全然成長しない。
今までと違うのは、なにも返せないのに、ヘンに君に甘えようとしてしまう。
何かしてくれたら一歩ひいてしまうくせに。
結局しんどいときに利用してるだけ…なのかな。
なんて、前に誰かに言われた気がする。


少しだけ救いなのは、今までと違って私自身が君との未来を信じてないコトかもしれない。
残酷だけれど、未来は繋がらない気がするから、どこかでそれを分かってるから、そこまで深くスキにならないようにどこかでブレーキをかけてるから、それが少しだけ救いかもしれない。

なんかイロイロ疲れた。
自分の時間を犠牲にしてまで仕事をするのももう限界だし、余計に居場所がなくなるから君の友達にもしばらく会いたくない。
だからといって、私に気を使って友達の誘いを断ってまで私の方に来てほしくない。
自分の気持ちを犠牲にしてする我慢は続かないから。
君が友達を大切に想うキモチは見ててすごくよくワカルし、仲が良いのもワカル。
ただ私が良く思えないだけだし、かなわないと思うだけ。


私は君みたいに自分の考えを持っていないから、すぐに流されてしまうし、だからこそ思ったコトをそのときに何かしらの形で残しておこうと思う。
今の私なら君に、しんどいから、だからもう離れたい、とか言えそうな気さえする。
嫌いになられて君の記憶から消えて行くのはイヤだから、嫌いになられる前に自分から離れてしまおうかとか。

そんな想いはきっと心の奥にあるんだけど、今はじっとダメ期が過ぎるのを待とうと思う。

負ける

2007年01月17日(水) 0時11分
あーやっぱり友達に負けるのかな。
私途中から行くのニガテなのにな。
誘ってくれるのは嬉しいのだけど。
人見知りして話せないから、君の友達に会いたくないなとかイロイロ考えてしまう私もイヤだ。
今日も君は友達と遊んでる。
1日だけみんなが休みの日があったとして、そのときに君は私と会うよりも友達を選ぶのだろうなと思う。
もしかしたら表面上は、私を選ぶのかもしれないけど、心の中で友達と遊びたいのにとか思われてそう。
なんかそーゆう温度差。

私が好きになるヒトはみんな、女のコが回りにたくさんいる環境に身を置きたがる。
そーゆうのは仕事だったり夢だったりと繋がっているからそれをイヤだと言えないし、だからと言って見てみぬフリもしんどいなと思う。

君は自分に自信をもっているから、私は君をより遠く感じるのかな。
私は自分に自信がないから、君よりも劣っていると感じるのかな。
中々対等にまで追い付かない。
最近さらに差が広がってきた気がするし、未来の夢も違うし、今はまだ新鮮で楽しいから大丈夫なだけのようにも思う。


もっと純粋に物事が見れてたのは、いつ頃までなのかな。
もうひねくれた角度でしか物事を見れなくなっちゃった…。
今更純粋になりたいとか無理な望みだな…


思い描く

2007年01月11日(木) 4時12分
私の思い描く幸せは、多分「結婚」なんだと思う。
安定した幸せな家庭。
可愛いウェディングドレスを着て、皆に祝福されて、隣にはずっと私だけを見てくれると約束されたヒト。
そんな未来が欲しいんだと思う。

ズルイコトを考えれば、早く結婚したら今の仕事を辞めれるし、働かなくてすむ。
少なくとも正社員じゃなくて、パートやアルバイトでも許される。

私は甘ったれだから、誰かに養ってもらえるならそれは本望だし、そのヒトを自分が好きなら尚更良いと思う。


君と付き合ってから、恋愛と結婚は違うのだと思う。
昔は恋愛の延長に結婚があるものだと信じて疑わなかったけど、君との未来に結婚は見えもしない。

何かを決めるときに恋愛が最優先になる私とは君は違うのだ。
私との未来は考えていないのだと思う。
それくらい自分のコトで必死なのだと思う。


君とずっと一緒の未来は、私にも、きっと君にも見えないのだろうから、だからこそ今一緒にいようと思う。
一緒にスゴセル時間はできるだけ一緒にいたい。
思い出になるように。
楽しかったって言えるように。
出会って良かったって言えるように。
これからの君の夢をちゃんと応援できるように。


出された選択肢。

2007年01月11日(木) 3時55分
君は戻ると言った。
そう遠くはない7月8月位に戻ると言った。
ついてくるか、残るかの判断を私に委ねた。
答えはすぐに出さなくていいと言う。
直前に言えば私が困るから、だから前もって言っておいた、と君は言う。
答えは当分出せそうにない…。
ついていける程の自信も行動力も生活力も私にはナイと分かってる。
君が好きだから、そんな理由だけでこれからのコトが見えない君についていける程もう子供じゃないし、そんな歳でもない。
だけど残ると君との距離が離れてしまう。
遠距離にたえてこれから続けていける程、君と私の関係は強くないコトも分かってる。
私がたえれないコトも分かってる。
じゃあ、私はどうすればいいの。
答えは、直前まで、直前になっても出ないんだと思う。
どうすれば、いいんだろう。
私、どうしたいんだろう。


(無題)

2007年01月01日(月) 23時14分
感情のアップダウンが激しい。
新年早々不安定だ。
幸先不安。
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y-82
読者になる
Yapme!一覧
読者になる