再和解はできるのか?

September 04 [Sun], 2016, 15:44


再和解といわれるものが債務整理には存在します。




再和解いうのは、任意整理をした後に、また交渉して和解することを意味します。




これは可能なパターンと出来ない場合があるため、可能か不可能かは弁護士に相談した上で検討してください。




少し前、債務整理のうち自己破産することを選び、無事処理を完了しました。




いつも思っていた返済出来かねる、さらに延滞したらどうなるんだろうという心配から解き放たれて、心が本当に軽くなりました。




これなら、もっと前から債務整理をすればよかったです。




債務整理をしたことがあるという事実に関する記録は、かなりの期間残ります。




この情報が残ったいる期間は、新たに借入をすることができません。




情報は年数が経過すれば消えることになっていますが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で残ります。




個人再生に必要なお金というのはお願いした弁護士や司法書士次第で変わってきます。




お金がないというのにそんなの払えるはずがないという人でも分割払いも可能なので相談しても大丈夫なのです。




困窮している人は相談するべきだとと考えています。

債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、まず気にかけるべきことは着手金及び以降かかって来る経費のことです。




着手金の平均的な金額は一社で約二万円です。




時々、着手金無しだと言う法律事務所もありますが、これは過払い金がある債務者に関してのみなので、依頼する時によく注意しましょう。




債務整理という言葉に聞き覚えがない人も多くおられると思いますが、自己破産、任意整理、そして過払い金請求など、借金で辛い思いをしておられる方が、借金を整理する方法をまとめて債務整理と呼びます。




つまり、債務整理の意味とは借金を整理するやり方の総称という事になります。




債務整理が終わった後は、携帯料金が分割で支払えない状況となります。
多重債務 整理 方法




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xzbx5pp6
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xzbx5pp6/index1_0.rdf