2015年08月28日のつぶやき

August 29 [Sat], 2015, 0:00

2015年08月27日のつぶやき

August 28 [Fri], 2015, 0:00

FXチャートとピンバートレードの手法!歌でもひとつ歌いたいようなイイ気分だ〜フフフフハハハハ!

August 27 [Thu], 2015, 9:04
fx_20150826_01_00えぇ!?みんな元気ぃ?最近話題のピンバートレードのニュースです。

元気があればなんでもできる!とはイノキさんのお言葉ですがFXチャート様にもその言葉をお送りしたい気持ちでございます。ピンバーということで話題ですが、トレードも注目されています。移動平均線というのも仕方のないこと。出る杭は打たれるものでございます。トレンドラインも何かの明示。前向きにいきましょう。

チャート上にラインを引いてみてピンバーが出た次の足で逆張りトレードで攻めていくという手法です。

ピンバートレードをスキャルピングやデイトレードで行うなら、15分足くらいが良いようです。

戦略を組み立てる時には必ず入口だけでなく出口も考えて、リスクが高いようであれば見送ることも時には大切です。

小刻みに上下を繰り返すもみ合いのなかでもピンバーは出現しますが、これはあまりチャンスとはなり得ません。良いピンバーを見分けることがポイントです。

FXを始めてチャートを見るようになると必ずでてくるキーワードそれがピンバー。

[引用]

ピンバートレードという手法

ピンバーは上ヒゲや下ヒゲのローソク足のことで、数あるローソク足パターンのなかで最も強力な反転パターンです。

買いのピンバーなら、ピンバーの高値ブレークアウト、売りのピンバーなら、ピンバーの安値ブレークアウトでエントリーします。

空売りのエントリーなら、ピンバーの安値をブレークした後の戻りを待つようなことはしません。ピンバーの条件を満たしていて、背景状況的にも売りだと思うなら、単純にピンバーの安値マイナス数ピップスのところに逆指値注文を置くだけです。

逆指値注文にはいくつか注意点があります。買いの逆指値注文にはスプレッド分を上乗せすることや、時間軸によって数ピップスの幅を持たせて注文を入れることなどです。
[sokusenryoku]

為替相場の流れが反転するときに出現するサインですが、継続ではないという部分に注意しなくてはなりません。

でも一口にピンバーといっても様々な条件があります。その長さや形からピノキオの鼻の意味でピンバーと言われますが、出現する位置も非常に大切になります。

ローソク足の形のひとつですが、それが逆張りトレードのチャンスを表すシグナルとして有名です。

ピンバーをからめた使い方として代表的なものは「移動平均線」や「トレンドライン」との組み合わせです。

引用元↓↓↓