黒い帽子のハントくん。

September 25 [Sun], 2011, 5:54
何年前だったか忘れたが、クリスマスの日に妻からプレゼントされた帽子がある。黒い鳥打ち帽で、ハントくんと名付けた。夏の日差しや冬の寒さから頭を守ってくれるだけでなく、ライブの時のファッションとしても使い、一年のほとんどを彼と過ごしていた。サイズもピッタリで、風に飛ばされることもなかった。しかし、東京では久しぶりに強風で被害をもたらした台風号の気まぐれで、彼はあっけなく飛ばされてしまった。あっという間の出来事で、傘は折れ、振り返った時にはハントくんの姿は。夜中になって雨も風も治まり、静けさを取り戻した頃、私は家を出た。ハントくんを捜しに行ったのである。彼を見失ったのは、うちの近所の交差点だ。車道には街灯があるおしっこ動画ので、多少は明るい。車道に落ちている可能性もあるから、そう簡単には見からないだろう。でも、何もしないよりはマシだと思ってm程往復した。見からない。壊れた傘は沢山あるのに。最大瞬間風速m秒として、水気を含んだ鳥打ち帽はどれくらい飛んで行くものなのだろう。どこかの公園まで飛んで行って、ホームレスの人が拾って使ってくれてもいい。マンションのベランダに飛び込んで、そこの住人の頭のサイズに合わなくても、ちょっと洗ってリサイクルショップに売って、うまい棒やガリガリくんを買ってもいい。誰かの役に立ってくれないかなぁ。取り戻したいとは思わない。ハントくんとは充分すぎる時間を過ごしたから。自分の息子が巣立のも、こんな風に突然やってくるのかもしれない。と、台風号が教えてくれたのかもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xy7kan7fgj
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xy7kan7fgj/index1_0.rdf