チュウ 

2011年02月01日(火) 13時01分
保育園のママたちと飲んでいたら、最近「強引なチュウをする」という悪しき遊びがはやっているという。
顔をガシッと固定され、娘にチュウされたママ、「奪われた…って感じでショック」だったそうです。
そんなチュウ、どこで見たんだろう…

というわけで、健くんにも聞いてみました。

「健、保育園のお友達とチュウしたことある?」
すると、ヤバッという顔をして、私と目を合わせようとしないで、
「したよ」
「ほんとに?!」
「うん」
「誰に?」
「みおちゃん」
「ダメだよ!チュウは。
ママならいいけど、お友達はダメ。
ママは健と、どちらもお互い好きだからいいけど、お友達は、健が好きでも、向こうが好きとは限らないんだから」
相思相愛という言葉を知らない相手に説明するのは難しい…
「で、いつ?」
「クリスマス会のときだよ」
げー!
「ど…どんな風に?」
「みおちゃんが急に襲いかかってきたから…(本当にこう表現)」
では、あちらから?それにしてもすごい(・・;)
「だめだよ、って言ったの。」

息子よ、それは「チュウイ」だ。

ことばの相談 

2011年01月27日(木) 16時38分
しゃべりはじめた頃から、言葉の始まりを長く伸ばすタイプのどもりが気になっていました。
でも、保育園でいじめられたりバカにされたり、ということはないようですし、本人まったく気にしていない。すごく堂々とどもってる。
他は順調に成長しているので、これくらいは…と思っていたのですが、区から5歳児健診の申し込みハガキが来たので、書いてみました。

すると、「言葉の相談を受けてみませんか」という電話をもらいました。

「ぼく、あー、とか伸ばしちゃうから先生になおしてもらうんだよね?」
と、目的をわかっていて、こちらがドキッとしました。
緊張してどもらないんじゃないかと思ったら、保健師さんの問診では、話が盛り上がるにつれ、どもりが発生。
こんな感じです、小学生になる前に治れば…
という話をして、次に相談に行きました。

いよいよ相談。
先生が健くんを椅子に掛けさせ、いきなり、
「これからお話の検査をします。」
うわー、はっきり言うなーとびっくり。

検査は、先生が話したことを繰り返すというもので、はじめは「あいうえおはよう」くらいですが、少しずつ長くなり、な行あたりからは絶対知らないであろう単語も入って難しくなります。
しかし、健くんは驚くことに、わ行まで一度もつかえることなく最後まで話せました。
それはすごいことで嬉しかったのですが、肝心のどもりが出なくて、これでは何もわからないのでは?と思ったら、
「いつも口を開けてますね」
との指摘。
当たり。
「普通は口を閉じた状態から口を開けて話しますが、この子は逆で、開けた状態から話して、む、などを言うために閉じてます。」

口呼吸していると、最初の言葉を出すのにペースが狂うのだそうです。
また、鼻が悪くならないよう、風邪をひいたら耳鼻科へ、とのことでした。

産まれてすぐに2週間以上呼吸器を付けていて、小さな口に太いホースが本当にかわいそうでした。自分で呼吸ができるようになってくると、機械のリズムと合わなくて、むせたりして。
24時間口を全開なんて、見ているのも辛くて、色々なチューブが外されていく中で、呼吸器が一番嬉しかったです。
退院しても、口を開けるのは癖になっていて、面白いものを見て笑うとき、ニッコリではなく、口を真ん丸に開けて、声は出しませんでしたから、はじめは笑っていると気付きませんでした。
口を真ん丸に開けるのはホースのかたち、声を出さないのは呼吸器とケンカしないために身に付けた独特の息づかいではないかと、当時思っていました。

少しのんきだったのもあるけれど、新生児の頃の影響が、5歳になった今もあるなんて…
でも、発音も記憶力も良いとのことで、安心しました。
口を閉じること、鼻呼吸の練習をすることを指導され、様子をみることになりました。

色々目からウロコでした。
言葉を直すのではなく、「口閉じて」でいきます。

ブリッジ 

2010年12月19日(日) 15時37分
保育園のリズム遊びでブリッジをしたそうです。
本人の話では、自分しかできなかった、とのこと。

側転 

2010年12月07日(火) 7時59分
お姉ちゃんが練習に励んでいた側転、先にできるようになってしまいました。
誰が教えたか、
「て!て!あしあし!」
の掛け声。
しかも突然。道端で。

男の子ってすごい…


写真はピアノの発表会のものです

ピアノの発表会の準備 

2010年11月27日(土) 17時24分
明日のお姉ちゃんの発表会に向けて、ドレスにスパンコールをつけてます。
多忙のお姉ちゃんの代わりにモデルに。

お調子者 

2010年11月24日(水) 23時38分
健くんは、相当のお調子者。
楽しいことがあると、浮かれて最後は必ず痛い目に遭ってしまう・・・

昨日は、小雨が降っていたので傘を持たせたら、嬉しくなって下り坂を走りだし、何かに驚いて、茂みに突っ込みました。
あまりにもアホなので、お姉ちゃんと笑っていたら、目のきわに小枝が当たって痛いと号泣・・・
一歩間違えば、失明?

夜は、いとことかくれんぼしてコタツに飛び込んだら、いとこのほうも反対側から飛び込み、目を蹴られて真っ赤に。

今日は、パパと遊んでいたら、何を思ったか床に頭から飛び込み、背中をテーブルの角に強打。痛さにのたうちながら大泣きでママの腕の中へ。
頭も打ったはずですが、背中しか痛くないと言います。背中にはみみずばれの太いのができていて。


気持ちが盛り上がると動きが派手になり、床でも壁でも、どこへでも飛び込む。
動きがパワーアップして、事故も大きくなってます。
どんなに教えても、叱っても、調子に乗るのが止められない。
将来大丈夫??本気で心配になって、
「ママは、健が事故に遭わないように、健が大人になってもずーーーーっと付いててあげないといけないのかな?」
と聞いてみたら、
「大丈夫。僕は大きい大人になるから。」
と。

昔のドラえもんの歌「あんあんあん、とっても大好き、ドラえーもん」を聞いて、
「これは、歌ってる人がドラえもんのことを大好き、ってことなの?」
と真顔で聞く健くん、ちょっと前なら「かわいい勘違い」と思ったに違いないけど、「かわいい勘違い」も多すぎて。
今日は心配になりました。

5歳になりました 

2010年11月11日(木) 7時56分
11/8、5歳になりました。
プレゼントは、お姉ちゃんといとこからのバースデーカードと、ゴセイジャーの超合金。
昨年のアンパンマン同様、今年も卒倒寸前の喜びようでした。

それから3日たった今日も、寸暇を惜しんでゴセイジャーで遊んでいます。

お気に入りとは一緒に寝る、というのが健くんのルールですが、これは痛そうなので禁止されてます。

七五三(リベンジ) 

2010年11月09日(火) 8時18分
去年、近所の神社で七五三参りしましたが、帰宅すると「着物が着たかった!」と言いだしたので、あらためて。

安い物ですが、一揃え買って、こちらも気が済みました。
最初からちゃんとやればよかったなあ。

明治神宮にお参りしたあと、電車で一つ下のいとこの家に行き、着物は置いてきました。来週使ってもらえるそうです。

明治神宮、お姉ちゃんのときは、中庭で一人1本榊を置いてお祓いしてもらってから、屋内に入ってお祈りを聞きましたが、今年はいきなり屋内でした。
11/15じゃなかったからか、朝一番じゃなかったからか、少しあわただしくて、残念でした。

ハロウィンパーティーの夜に 

2010年10月26日(火) 8時07分
お姉ちゃんの通う英語教室でハロウィンパーティーがありました。
お友達を一人連れてきていいよ、ということでしたが、健くんがおじゃましても大変なので、お姉ちゃんは学校のお友達と行きました。
とても楽しかったと言って、なかなかドレスを脱がないお姉ちゃんを見て、めらめらと悔しくなった健です。

「なんでぼくを連れていってくれなかったの!ぼくも行きたかったのにー!」
「小学生だけだって言ったでしょ?健も小学生になったら行くのよ。」
「だって、小学生になれなかったらどうするの!」
「それは大変だねぇ。」(ちょっと本気で心配かも…)
すると、
「ほんとはお姉ちゃんと一緒のときに小学生になりたかったんだけど、健ちゃんなれなかったんだよぉ〜(涙)」
に始まり、
「ゆうくん(同い年のいとこ)が先に小学生になったらどうするの?」
(一緒なの!)
「健ちゃんだけ先にやめなさい、って言われたらどうするの?」
(…公立だからそれは無いでしょ…。)
と、次々怒りの収まらない健くんでした。

お祭りにて 

2010年10月24日(日) 22時30分
見よう見まねでこまに紐を巻き付けているところです。
プロフィール
■健くん
☆05年11月生
☆予定日より2ヶ月早く生まれました
■あたん(お姉ちゃん)
☆02年11月生
■ママ
☆30代です。

2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Yapme!一覧
読者になる