出会い!? 

February 22 [Sun], 2009, 21:38
昨日今日と宅建の登録講習に行ってきました。
土日だというのに...むきー(ノ≧Д≦) ノ

お昼休憩で定食屋に行って、
それから時間を持て余していたので、
古書屋さんに入ったのです。

社会学とか文学系の古書を扱っているお店で。

キタキタキター!!
歴史本!!!

心の中でひっそりとテンションがあがる私。
見てたら懐かしい本発見。


『フランス革命下の一市民の日記』


これ大学の図書館にあったー!

絶版になっている本で、
こんなところにあるとは。

昭和55年出版。当時1,600円。
売値1,500円。


はい!買い!!!


そして近くにあった
『死の歴史学』
2,800円。


買い!!


おうちに帰って、
早速『一市民の日記』から読みました。

これ、帯に
「大革命の世相が200年の歳月を飛び越して、朝刊のニュースを読んでいるようである。」
って書いてあるんだけど、本当にそんな感じ。

著者はブルジョアで生活にはあまり苦労してないよ〜
みたいな感じの70歳近い老人のようです。

この本の日記は1791年3月から始まっていて、
革命がはじまってから1年半後くらいになるのかな?


この人が、自分の生活のことから、
世の中で起こっていることまで
一緒に書いてるからおもしろい。

今日年金をもらった、て書いてると思ったら
次の日はどこどこで暴動が起こった、みたいな。

それでも結構市民は普通の日常を送ってたりもしてて。

だって、1789年のバスティーユ攻撃のお芝居を、
1年半後に上演してる。

なんか結構タフ!?


あとおもしろいのが、
革命下の中でも投資事業とかあって、
西インド諸島の投資の配当で著者は収入があったみたい。

なんか200年前も今も一緒!?

まだ40ページしか読んでないので、
これからもっと生々しい事件とか出てくるのかも。

やっぱり当時の人が書いた資料を読むのは違うおもしろさがある!

しかもこの著者は細かく数字も記録してるからそれがすごい。
投資家さんだけあって、金貨の値段がこれだけ下がったとか
そんなことまで記録してある。


この先も読むのが楽しみ〜!


て、なんか少しマニアックぽい内容になってしまった...
これでも、抑えているのです。

だってこんな内容誰かに話してもその人はおもしろくないだろうし。
でもでも、このおもしろさを誰かに伝えたいんだよー!

じゃあ日記に書いて発散しよう、という訳です。

て、誰に言ってるんだ、私。

日記てそんなもんだよね、そうだよね。
なんか眠くて何書いてるかよく分からんくなってきた。

そんなわけでおやすみなさいー。


あ。そういや今日朝たまたま見た
シンケンジャー。

なんかおもしろかった。
あの戦隊もののクオリティの変わらなさ。
すごいなー。おもしろい。
いろいろ突っ込みどころがありつつもなんか元気出たw

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:棗
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像
» ポーション (2009年01月12日)