☆ご挨拶☆ 

January 23 [Sun], 2011, 23:44
 初めて、「華道」というものの存在を知ったのは、かなり小さい時でした。
 わたしの叔母が、華道の先生の免許を持っていて、それとなく、お花を習うことを祖父母にはよく推奨されていたのです。

 小学生の時に、全員クラブ/部活動に所属しなくてはならず、(紆余曲折ありましたが)辿り着いたのが華道部でした。そこで卒業までの三年間を過ごしましたが、あの頃私たちがやっていたのは、「華道」ではなかったと思います。。。

 とても自由に、お花を詰め込んだり、配置したりするようなことでした。花と遊んでいた、というのが正しい表現かもしれません。
 フラワーアレンジメントもその時に少し教えていただきましたが、華道でもフラワーアレンジメントでも、私たちがやることは大して変わらなかったと思います。お花を挿していくものが、剣山かオアシスかの違いと、正面だけ綺麗であれば良いかとどこからみても綺麗でなくてはならないかの違いしか認識していませんでした。

 でももし、あのとき、先生が厳しく指導していたら、口うるさいなぁと感じてしまい、お花を楽しいとは思わなかったでしょう。勿体ないことをしたと思います。でも、自由に、自分がきれいだと思うものを(花の良さも何もあったもんじゃなかったと思いますが)アレンジすることが、とても楽しかったんです。

 だから、さまざまなことを落ち着いた後になって、今度はしっかり習いたいと思いました。小原流を選んだのは、小学校の時の華道部の先生も、そして中学校の時に形だけ所属していた華道部の先生も、小原流だったからです。


 お稽古を重ねるうちに、色々な人の作品を見たいと思うようになりました。色々な人の作品を見れば見るほど、もっとこう生けたい、あの形で生けてみたい、この花が綺麗に見えるように生けてみたい、と、気持ちがどんどん募っていきました。
 お花は私の趣味です。そして、この趣味は、きっといくつになっても楽しめる。だから、焦るつもりはありません。焦っても、仕方ないですから。それでも、同時に、はやくあんな風に生けられたらいな、と、思う気持ちも大事にしたいと思いました。

 今月から研究会に参加するようになりました。そして研究会の場で、色々な刺激を受けました。刺激された気持ちを、悔しい、とか、もっとああしたい、とか、もっとこうなりたい、とか、そういう気持ちを、失いたくないから、記録していきたいと思い、このBLOGを書くことにしました。
 三日坊主で有名な私なので、更新が滞るときもあると思います。それでも、三日坊主で有名な私が唯一、長くずっと好きで続いている趣味なので、それに関連するこの場所も大事にしたいと思っています。

 お付き合いいただける方は、これからどうぞ、お付き合いよろしくお願いします
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:のゆ
読者になる
2010年の7月から本格的にお稽古を受けるようになりました。
今は教えていただいたことを実行するだけで精一杯だけれど、いつか、「表現する」ようにお花を生けられる日を目指して、がんばります。

もしよろしければ、応援してください
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ