好き 

November 28 [Fri], 2008, 0:05
人の背中が好き


言葉に表せないけど
なんか好き。

とくに寂しそうな背中をしているのに
元気な人の(元気な振りをしてる人の)

思わず
僕の前では力を抜いて
と、お節介したくなる。

こういうのうざいよね(笑)




それと
影も好き。

旅行先の写真には
1枚、影の写真がある気がする。

陰と陽ってやつが好きなんかな。




電線と空のコラボも好き。
空を取るのに邪魔だと言われてるかもしれない電線が
どこまでも続いている姿が良いかと。

中途半端 

October 16 [Thu], 2008, 18:29
普通に生まれたかった
"普通"ってなんだかわかんないけど

この時期にはもう
自分はどこのポジションに居て
どうするかとか
確固たる自分が居なければならないのに

自分は全部 何もかも
  中 途 半 端

とりあえず
女の子を"やっている"

決して女の子でいることが嫌な訳じゃないけど

だからといって
男の子になるには女々しすぎる

両極のどちらかに寄れたらいいのに
でも灰色を好きだと言う友達が居る

複雑

あの時に交わっていなかったら
どんなに幸せで
楽しくて
人を信じることが出来ただろうか

つまり
初めてが女の子で
終わりが女の子で

女の子って言っても
女々しい感じではなくて
やっぱり
私と同じような子で

道を間違えた

あの時は幸せすぎて
道を踏み外したことに気づかなかった
気づいていても
気づかない振りをしたんだと思う

今のような自分はないと思っていたし
こんな状況になるとも
思っても居なかった

忘れたくても
気づけば 形がない君が
そばに居たり
思い出がいっぱい
溢れ出てくるんだよ

選ぶのは自分だ
誰のせいでもない

だけど
時折 あんたのせいだと
恨む自分が居たりして

初めてがあんなに楽しくて幸せで
最高の人で
そんなことを考えたら
他の人が好きになれなくて

男の人を拒絶して

こんなになったのは誰のせいだ?


今では
男の人も女の人も怖くて
人間全般怖くて

どうせいつか
別れが来て 離ればなれ
切ない思い
苦しい思いするなら

絡みたくはない

偉そうに言って
それを貫ければいいのに

結局
独りは嫌だと
人にしがみつく


意志が弱い

右へ左へと揺れ動いて
しっかり立っていれない

ほんとの私は
どこに立っていればいいのか

ほんとの私はどれなのか


中 途 半 端

追い越し 

October 09 [Thu], 2008, 16:03
知っているんです
すでに君が私を
好きじゃないこと

最近君はいつも自分のことばかり
好きの数も減ってきてるんです
気付いてないでしょう

愛がないとわかっていながら
別れを告げられない私が空しいです

歯車が狂ってもなお
回転し続ける
なんて太い絆で結ばれてるのでしょう

願っているんです
再び君が私を
好きになること

最近君の気持ちに私が追いついて追いこしているの
気付いてないでしょう

一方通行と知っていながら
君を想い続ける私は愚かです

だから私は願い続ける
手を差しのべてくれたあの日のように

もう一度
君が私を好きになるように想い続ける

嘘つき 

October 09 [Thu], 2008, 16:02

恋人の条件として
嘘つかない人
と、よくあるけど。

無理だよ。
人間なんて嘘つきだもん。

例えばお世辞。
心に思ってもないことを言ってあなたの気分を害さないようにする習慣。

これも『嘘』の1つなんじゃないのかなぁと思う。

あなたを想って言う嘘もつかないでっていうの?

『似合わない』
『おいしくない』
『かわいくない』

素直に言われて嬉しい?

嘘をつくくらいなら
嘘だとバレないように
嘘だと感づかないように
嘘を突き通してほしい

受容 

October 09 [Thu], 2008, 16:00
僕は拒んではいけない
それを受け入れて
蝕まれていく

内側から熱くなる情
涙は冷めることを知らない

どこまで蝕むの君は僕を

僕は拒んではいけない
それを受け入れて
蝕まれていく

冷める内側
ながす涙が温かいと気付く

どこまで蝕めば気が済むの

見えない目で君を
見えない目で未来を
探して 見据えて
暗闇ばかりが見える

それでも
感じるは君の温もりで
感じるは暗闇の光りで

拒んではいけない
僕はそれを受け入れて
蝕まれなければいけない

蝕まれて
自分をなくして

暗闇の中に幸せ見つけたい
未来より明日を生きたい
だからもっと

二者択一 

October 09 [Thu], 2008, 15:57
あなたの一言
『嫌だ』が頭から離れない

勝手に妬いて傷ついて
あなたは何も悪くないのに

私はあなたを受け止められない

人を愛するならばまず自己を
大嫌いな自分は大好きなあなたを愛せない

巡るあなたの言葉
私をつかんで離さない

勝手に繋いで解けなくて
あなたは何も悪くないのに

私はあなたから逃げたいの

人を信ずるならまず自己を
信じられない自分は信じたいあなたを信じれない

ぼやける視界
遠ざかる未来
不器用な私は
両立できない
二者択一
シビアな世界

明確な未来を
私は─

 

October 09 [Thu], 2008, 15:55
黒いため息
蝕まれた証拠
亀裂から闇が顔見せて
逃げていく光

いかないで

大丈夫
魔法が解けても
また笑いあえる日は来るよね

真ん中から広がる黒

黒いため息
蝕まれた証拠
荒れた感情放出しては
生まれてくる黒

いかないで

大丈夫
切れた赤い糸を握っていれば
また笑いあえる日は来るよね

爪先まで染みわたった黒

苦しいの苦しいの
もう一度
魔法をかけて
僕が強くなれる魔法を

怖いの怖いの
もう一度
結び治して
僕が強くなれる赤い糸を

強くなれる赤い魔法を
08/05/07 1:13

 

October 09 [Thu], 2008, 15:54
・不覚にも 彼女の笑顔を 奪ったのは 彼女が 愛した人でした

・君を守ろうと 強さを手に入れる 強さと共に 君を失う

・割れる音 閉ざす音 錠する音 君にはそれが 聞こえなかったんだね

月夜 

October 09 [Thu], 2008, 15:53
手を伸ばせば届きそうでも
掴むことはできない
真夜中に浮かぶ月のよう

眠れぬ私を見守って
優しく包む温かい光
あと少し近づけたら
今宵も私の涙をすくって
深い眠りへと誘い込む

ください 

October 09 [Thu], 2008, 15:52
例えば
不慮の事故で
僕が死んだとして
親戚だけで
お葬式とか告別式を
行ったとしたら
友達みんなは
気付かないよね

普段
メールくれる子は
返事が来ないことに
不審がって
家に連絡が
来るかもしれない
もしかしたら
何でくれないのって
怒って
寂しがって
そのまま
忘れてしまうんだろう

じゃあ
僕が送ってた子達は
どうなるんだろう
そぉいえば最近メール
来ないなって
少しでも思ってくれるだろうか
メールしてくれるだろうか
やっぱりそのまま
忘れてしまうんだろうか

たまには送ってほしい
安否確認しないと
いつ死ぬか
わからないよ
こうこく
メールフォーム

TITLE


MESSAGE