【台詞詩】咲いて、散るまで愛の中

May 26 [Wed], 2010, 7:46




「 わたくしはあなたのためなら、死ねるなどとは言いません。愛するあなたを思えば・・・何がなんでも生ききってやろうと思います。この身が老いて迎えが来る、その瞬間まで。 この限りある時の中であなたと出会い・・あなたに愛された記憶の中で、燃え盛るような生命の炎を強く感じたから・・・・。わたくしは命の美しさとともに、この尊さを・・愛し続ける者でありたい・・ 」


強い意志のある女性をイメージにし、台詞をかんがえました。

死ぬという言葉より、生きるという言葉のほうが・・強く愛を感じます。
せっかく授かった命なのですから、人生をロマンに生きる事へ・・花を咲かせましょう♪


名前を改名しました。

May 26 [Wed], 2010, 6:34
どうも〜元ナゲットさんです♪
なんだかすごく・・この日記へ書き込むのは久しぶりですが。
(なんだかんだいって、まったく更新していなかったとゆう事実。)
えーwwご無沙汰しております。

名前を改名致しました〜!
と、いうわけでですね
今後、【ホルス】というHNで宜しくお願い致します。

あ、ちなみに元のHNはうえの通り【ナゲットさん】でございますですよw


それでは今後も亀更新ではありますが「爪と革靴」をよろしくおねがいします。

雑記。

March 13 [Sat], 2010, 7:31
部屋でまったり聞く時の音楽を
たまにここでも紹介しようかな〜^^

洋画音楽の中で気に入ってるもの〜♪
トム・クルーズ主演の「コラテラル」のED曲。

この映画を見た後のこのEDは…ほんと心に沁みてきました。
情緒ある音色ですね…。ラテンの曲です。



雑記。

March 10 [Wed], 2010, 21:22
あ〜甘える場所がほしいなんて 自分はいったいどこまでぐうたらなんだ!このやろうっ!
いい加減、しゃんとした気持ちの切り替えをしなきゃなぁ……ニヤ

とまぁね、独り言はおいておいて。明日から少しリアルが慌しくなります
僕のこのブログはこんな感じでマイペースな足取りで更新していきますが
・・・ちょっと忙しくなるとね、何ゆえか作品がやや濁ります。(笑)

忙しさに駆られると、ぐんとうたれよわくなる性分なのら♪(まったくもって誇れんorz)

まぁそうゆうことなんで、もしそうなったら目障り極まりないと思うので、ほうっといてやってくださいね。

そりでは・・♪

この世の宝石

March 08 [Mon], 2010, 22:46


いろんなもので
あたまをうつあなたが
疲れたかおで‥
でも、穏やかなかおで笑う


そのあなたのかおにたしかにある
生きる強さと‥優しさに

わたしは心に閉じこめてた
自分の臆病さと、それを隠すちっぽけな見栄に気づくの

そして溶かされていく‥




生まれくるのは情熱


それは目ではみることのできない
うつくしいもの


あなたが教えてくれた
暗がりのなかで光をはなつ うつくしいもの

雑記。

March 08 [Mon], 2010, 22:16
ややや たまごと椎茸の相性って悪いのかな・・。
椎茸って結構水分含んでいるんですねぇ・・・・。いやぁ、あんなにぐじゅぐじゅになるとは
思わなかった、…驚いた。

今日の朝ごはんは最悪だよぉ、もう二度とあんなもんつくらないからなんっっ((泣

小さな僕は

March 07 [Sun], 2010, 18:36


宇宙にむけてキッスを…

いつか届くかとすこし心はずませる

せめてあの月の裏側へゆけたなら
もうすこし僕は優しくなれるのかな


地球がまわるたび僕は何度も悪魔になって そのたび、何度も悲しくなるのさ


毎日そんなことのくりかえしだけど

愛しの街はちょっぴり疲れたかおで
おちこむ僕にほほえみかけるよ


かみさますこしのあいだ背伸びさせてくれるなら

この宇宙へなげかけたキッスが
光る星のあいだをまわりにまわって…


僕のしらない地球のどこかの
さみしく泣いてるあの人の胸に
…優しく落ちてはくれないかなあ

孤独のした

March 07 [Sun], 2010, 0:28


そばにいてくれと
呟いても…


ともに眠るベッドの中では
互いにおちてゆくは独りの夢の中


俺たちは手をつないでも
肩をよせ寄り添いあっても


夜の寂しさの前では
ただの独りの人間なんだよ。



生まれ落ちた時から
死という種を背負い 地球という植木鉢のもとに
実る果実


されど、孤独のしたで強く生きよ


苦しみ 悲しみ 恥

幾千もの時を越えそれをのり越え



やがて生まれくる優しさ

それは孤独の先に咲く花


すべての苦しみの傍(かたわ)らで微笑む美しい花




========================================

今回は「孤独」をテーマにした詩です。やはり人間は孤独です。
孤独は苦しい。けれど時に孤独は、思いがけない優しさや、普段気づけない目には見えないぬくもりを、忘れながらに生きている私たちに気づかせてくれるものである。

苦しみは至宝へと…

March 06 [Sat], 2010, 22:08


辛い…苦しい…悲しい

この渦から覚めたくて
でもどうすればいいのか分からなくて

どうしようもなくうつむき、僕は途方に暮れる





でもそんな時こそ、ぐっと耐えて。


辛さや苦しみや悲しみはね
一生懸命生きてるからこみあげてくるもの。
一生懸命生きていないと、決して訪れてくることはないもの。



優しい人とはどういう人か。

それは多くの苦しみを耐え抜いて
生きてきた人のことなんだよ。


だから、多くの人の苦しみがわかる
そんな人は誰よりもひかり輝いている。
見目輝いて美しい。


だからあなたは落ち込まないで

あなたはきれいなものがわかる
優しい人だ。
たとえ自分が小さく見えようとも、それは変わることのない事実。



だからあきらめないで
この大きな苦しみをぐっと耐え抜いたら
あなたはまた一段と、ひかり輝いているのだから。

【独白台詞】夜の蝙蝠

March 06 [Sat], 2010, 21:58


あぁ心臓がばくばくする…

今にも壊れてしまいそうだ


俺はこんなに弱々しかったか…?

わからない
今の俺以外の自分なんて、すべて嘘の自分だったように思えてしまう…

苦しい 苦しい なぜこんなに苦しい…
神様…俺はなにか悪いことをしましたか?どこかで許されないようなことをしましたか?


この苦しみの理由がわからなくて



目を覆う水分は冷ややかに冷たく…


ただ、ただ悲しいのと 黒いのが
頭の中をまわりつづけるだけ

こんなもの早く過ぎ去ってくれれば……


目を瞑ると、あたりが闇につつまれ
あぁ…今はこの闇だけがこの身を受け入れてくれる世界だと…心静まりゆく…

シーツにひっそりと身を埋めて…暗闇の中、眠りに落ちてゆく情景は

闇夜のなか羽に身を包み
…寂しいくらいに黒の世界を思わせる……
蝙蝠(こうもり)の姿ににている…と、ふと独り思う



あぁ…暗い 真っ暗だ……
これだけが…今の俺の…居場所…


枕に水が滴りおちる
この涙の意味は…なんだろう

========================================
生きてると、ふと迷宮にはまりこむ時もある。

このような悲しい気持ちもあったさ!

い、今は元気よ・・♪←
ははぁ〜んだっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホルス
  • アイコン画像 趣味:
    ・好きな言葉-孤独
読者になる
直感で言葉をつないでくのが好きです。
直感文な独白台詞を楽しめていただけたら幸いです。
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像管理人
» 雑記。 (2010年03月20日)
アイコン画像朱華
» 雑記。 (2010年03月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R