マーブル 

April 27 [Fri], 2007, 5:36
 
冷え切った空気より 更に潜った場所にある
澱みきった甘さの中 沈殿しては笑う僕
そこはきっと丸出しの秘めたられた一つの世界
代わる代わるの色の羅列 ぐちゃぐちゃに混ぜて

甘いマーブル 甘いマーブル
ほら、ほら、綺麗でしょう
食事にきたカラスもねずみも
みんなみんな 融けて無くなる

このままずっと空を仰いでは
切れ切れの輪郭 青に馴染ませて
いつまでもきっと 掴めないから
澱んで融けるまでずっとずっとマーブル
 

チェシャ猫 

April 24 [Tue], 2007, 3:17
 
僕の視線はとても不自然
滲む空見上げては怯えだす

あの子はどこ
あの子が居ない
あの子はだあれ

ねぇ、キスがしたい

ピンクと紫のグラデーション
ヒントを残す可愛げな口

あなたはどこ
あなたはそこ?
あなたはアナタ

そっと、触れさせて

いつまでも僕を欺く
輪郭さえあやふやで
君と交わりながら
全てはチェシャ猫色で
心地よさに塗れた
僕はまた怯えた
「さよなら」で、墜落しよう。
 

ルナー・リリック 

September 21 [Wed], 2005, 18:24
 
白く霞んだ、夢が浮かぶ 紺色の空 虫の音。
満ちていく月、夜行光子 明かりを消して 詩を描く。

だんだん高く、そして遠く 望月は空、泳いでく。
ひとりぼっちの僕の影、いつまで映してくれるかな?

今日はほら、星さえも 息を潜めてちらちらと
こんな素敵な夜だから、君もきっと、輝ける。

届かない、僕の戯言だけど 伝えてくれそうな、満ちた光
僕がもし、月のウサギになれたなら、君は笑ってくれるかな?
ねぇ、笑ってくれる? ねぇ、届くのかな。

時計は廻って、静寂の音 空気を洗う 祈り詩。
今にも消える? 曇った僕 だけどまだ、影と遊ぼう。

明日はもう、月さえも 形を変えてくるくると
こんな素敵な夜だけど、パノラマはすぐ、消えていく。

聴こえない、吟遊する君の声 僕まで、いつか届くといいな
空の上、月のウサギになれたなら、君は笑ってくれるのかな?
ねぇ、笑ってくれる?僕の為に、笑ってくれる?

ねぇ、届いて。

無題 

September 14 [Wed], 2005, 7:51
 
見えた世界 歪まないで
僕はひとり 膝を抱えて
遊び飽きたおもちゃみたい
部屋のすみっこ 転がるだけ

呼吸の音 聴こえてきて
カラッポの頭 絡まる糸
痛くない はさみがあれば
僕の形を 切り取れるのに

まるで眩暈の夢 白く広がって
そしてみんな 僕から離れてしまうかな?

夢と裏腹な指が 泳いで空気を探すよ
水は絡まりながら 色を帯びて流れてく
前髪のフィルター まだ失くせないけど
僕はそっと 唄った 

全てが僕の輪郭になる
願いは叶う? そこは無重力の中

夢と裏腹な指が 泳いで空気を探すよ
声は絡まりながら 君を僕を侵してく
痛くないはさみ もう見つからないから
僕はそっと 唄った

ひとつだけ 見つけたよ
だから僕はまだ、ここにいるよ。

たぶんきっと 届かない
だけど僕は、唄うことにしたんだ。
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xxnercoxx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる