美容整形をおこなう美容外科は外科学の中の一つ

April 25 [Fri], 2014, 9:12
お肌が乾燥する原因であるセラミドと皮脂の量の衰え
は、アトピーなど遺伝的要素に縁るものと、逃れようの
ない加齢やコスメや洗浄料による後天性の要素に縁る
ものの2種類に大別できます。

美容目的で美容外科の手術をおこなったことに対して、
恥ずかしいという気持ちを抱く方も割と多いため、手術を
受けた方のプライド及び個人情報を冒涜しないように認
識が重要だ。

日本皮膚科学会の判別基準は、@強い痒み、A固有
の発疹とそのエリア、B慢性更には反復性の経過、
3つすべてに当てはまる疾患をアトピーと言う。

美容整形をおこなう美容外科は、れっきとした外科学の
中の一つであり、医療に主眼を置いた形成外科学
(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を
作る、reconstructive…復元する)とは別種のものである。

また、整形外科学(orthopedic surgery)とも勘違いされが
ちであるがまったくもって分野が違っている。