[untitled] 

June 29 [Thu], 2006, 19:49
昨日の神戸ブルーポートにてTOUR8823はセミファイナルを迎え、無事すべての地方公演を終了しました。
昨日も最高に楽しかったです。
対バン、ブルーポートスタッフのみなさん(なみへいさんお疲れ様!)、そして来てくれたお客さん、本当にありがとうございました。
残すは7/3下北沢シェルターのみとなりました。みなさん是非いらっしゃって下さい。




そして私事ですが、昨日のライヴ終了後、僕の祖母が亡くなりました。
ガンのためずっと体調を悪くしていて、最近はもう意識もあまりない状態になっていました。
もうあまり長くないことも覚悟していましたが、連絡がきたときは胸がぎゅうっとなって、頭が真っ白になりました。

僕、すごいおばあちゃん子でした。仲良しで、親戚もみんな大好きな、そんなおばあちゃんでした。
田舎が千葉で、先日の千葉LOOKのときは空き時間に車飛ばして会いに行きました。
意識が朦朧としてたけど、僕のことわかってくれて「来てくれてありがとう」って言ってくれました。
僕がバンドやってることも応援してくれてて、「今日ライヴなんだ」って言ったら、「おばあちゃんのことは心配しないで、遅刻しないように行きなさい」って。
それが最後に交わした言葉でした。

もしかして、地方公演が終わるまで待っててくれたのかもって思いました。
もし亡くなるのがもう少し早かったら、京都や神戸のライヴはできなかったかもしれません。
スタッフの人もいってたけど、そういうことってあるんだなと思いました。

こういうこと、日記に載せていいものか悩みましたが、あえて載せました。
みなさんもしよかったら、最後まで頑張ったおばあちゃんのご冥福を祈って下さい。

あと、ブルーポートスタッフの方々、関係者、メンバーに迷惑をかけたことをお詫びします。



アライ

[untitled] 

June 28 [Wed], 2006, 5:05
TOUR8823in京都ウーピーズ!!
スゲー楽しかった!!
演奏はボロボロでしたが笑
いつ以来かなあ?ようやく京都に来れたって感じです。
ステージからお客さんが一緒に口ずさんでくれてたりしてるのが見えて本当にうれしかったです。
地元バンドにも知り合いがいたし(お前らサイコー!)ウーピーズスタッフ山田くんにも久しぶりに会えたし。会いたい人に会えるってことは幸せだなあと思いました。
京都のみんなは相変わらず、あたたかくて、本当来てよかったなあと実感しています。

このツアーも明日(もう今日だね)セミファイナルを迎えます。
いろんなことがあったなあ。学祭ライヴも含めたら20本ぐらいやってるもんね。
次は2ndアルバムのツアーで10月にウーピーズ来ますので。みんなまた是非来て下さいね!


来てくれたみんなに伝えきれないぐらいの感謝をこめて、ありがとうございました。
また会えるのを楽しみにしています。


アライ

[untitled] 

June 22 [Thu], 2006, 1:53
ああっ!!
こんなことがあっていいのか!?
僕の隣にいらっしゃるのは、あの「大迷惑」「服部」「自転車泥棒」「働く男」「MAYBE BLUE」のドラムを叩いているあのお方!!
「マジか?!」と思いました。今までこうしてバンドやってきたけど、まさかこんな日を迎えることができるなんて…
今、僕の目の前にいるのは紛れも無く「雪の降る町」「I'm a Loser」「ケダモノの嵐」を叩いている人ですよ?!(しつこい)

「SUGAR BOY」を聴いて初めて3連符や6連符というものを知りました。
思えば僕にリズムを教えてくれたのはこの人かも知れません。
ドラムやっててよかったなあ。バンドやっててよかったなあ。
同じステージに立てるなんて…同じドラムを叩けるなんて…幸せすぎる。

「うわぁ本物だあ…」と、リハの時ステージ袖で思わず口に出てしまいました。
僕らのリハが終わって外でマッタリしていたら「夕暮れが綺麗だねぇ」と、僕の隣に座って話しかけてくれまして。(ウオー!!)
めちゃくちゃいい人でした。本当に。
いろんな話をさせてもらいました。ドラムの話やバンドの話など。

ドラムの次元が違いすぎてマジびびりました。
僕なんか足元にも及ばなかった。
あと10年ぐらいドラム叩いたら、あんなカッコイイ8ビート叩けるかな。

いつかまた同じステージに立てる日を目指して頑張ります。

大阪2ndLine、対バン、スタッフ、そしてお客さん。
ありがとうございました!


アライ

[untitled] 

June 22 [Thu], 2006, 0:47
TOUR8823名古屋最終公演!
たくさんのバンドの方々、イベンター、スタッフに支えられて、たくさんのお客さんの前で演奏することができて感無量でした。
最高に素敵な夜になりましたね。
対バンがこれまたツワモノ揃いで、僕らがトリなんてマジで恐縮でした。遅くまで残ってくれたお客さん、感謝しています。ありがとうございました。
soulkidsとこれからファイナルまでの4ヶ所、楽しんでまわりたいと思っています。
あとWALKABOUTとも、2ヶ所だけでしたが一緒にやらしていただいて、ありがとうございました。

2ndアルバムのツアーで、また10月にハックに行きます。名古屋の皆さんまた会いましょう。

くろさん、ナベくん、すーちゃん、ハミちゃん、やっちゃん。
ハックの最強スタッフ陣です。
あと24のギターの方(名前聞いてなかった!すみません。)とそしてイベントを仕切ってくれたHIRONさん。
本当にありがとうございました!

名古屋最高!ありがとう!


アライ

[untitled] 

June 17 [Sat], 2006, 1:27
TOUR8823も後半戦に入り、HEAVENS ROCKさいたま新都心も今日で最終公演になりました。
本当にお世話になりました。4回もやらしてもらって。
すーごい面倒見てもらって、最高です。
個人的に、家から近い(さいたまサイコー!)ことや、ドラムセットがしっかりしてるし、広いし。申し分ない、良いハコです。

今回はめずらしくアンコールまでやっちゃいましたね。さいたま新都心4公演全て見に来てくれた方もいたし、もちろん今日来てくれた方々、そしてHEAVENS ROCKさいたま新都心へ感謝の気持ちを込めて演奏させてもらいました。

そして2ndアルバムのツアーでもスケジュールに入れさせてもらったので、今から楽しみです。

対バンさせてくれたTOWN ACEさん(このツアー2回目!)tiny clearさん。ありがとうございました。
写真はライヴ後の1枚。
カンタロウさん、ナカジーさん、コジさん、馬場ちゃん、ケイタさん。
愛すべきスタッフの方々です。

次はもっと大きくなって帰ってきます。これからもよろしくお願いします。


アライ

[untitled] 

June 15 [Thu], 2006, 20:28
YS ROCK NITE Vol23!
昨日の千葉LOOKはアツかった!
最っ高でしたね。
全4バンド全てが最高でした。みんないい表情してましたね。
一緒にまわらしてもらったFLAMING ECHOとは、昨日でお別れでした。
本当に最高の3公演でした。
もうFLAMINGのメンバーには何回も伝えたけど、一緒にツアーまわってくれることが決まったときはマジ震えましたね。
本当に感謝。言葉では表現できないぐらいに、ありがとう。
FLAMINGはたくさんのことを教えてくれました。
ライヴの楽しさ。歌うこと、演奏することの気持ちよさ。みんなと音楽を楽しむということ。
僕らにとっては魔法のような時間を過ごすことができました。
このあとも、気をつけてツアーをまわって、下北沢QUEのワンマンを心待ちにしています。


そしてhare-brained unity!シェルターでまた会いましょう。シェルターで燃え尽きるよ。
あとBLAST OFFもありがとう。いろいろ気を使ってもらって申し訳ない!

打ち上げもめちゃくちゃ面白かった!みんなちゃんと帰れたのかな笑
なぜかオカベくんとセタくんが胴上げされてましたが笑

またアルバムのツアーで行ければと思ってます。
皆さんありがとうございました。
また会いましょう。



アライ

[untitled] 

June 11 [Sun], 2006, 21:12
今日は、長野県の某所にある廃墟にてプロモーションビデオの撮影をしてまいりました。
今回は凄い!スケールが違います。
カメラとか超デカイし。
クローンで上から撮ったり滑らしたりして右から左へ上から下へ行ったり来たり大忙し。
照明も凄い!
これはいいものが出来るでしょう!
悪いはずがねえだろ!ってぐらいの撮影でした。


んでその廃墟がまたいい感じで、撮影したのを軽くチェックさせてもらったんだけどビビりましたね。
さすがはプロって感じでした。

それぞれ個人の撮影のときに、時間があるので廃墟を探索したんですけど、電気がきてないから奥の方が暗くてめちゃめちゃ怖いんですよ。
もともとは宿泊施設だったみたいなんですが、ガラスは割れまくり、鏡には不吉な落書き、階段やトイレはボロボロ。
陽が落ちるにつれてどんどん廃墟としての頭角をあらわしてきまして笑

まあ凄くいい経験になりました。スタッフのみなさんもいい方ばかりで。本当に感謝感激です。


写真は全て終了したときの記念写真です。
真ん中の方はモデルさんで、PVにでてきます。
僕らもどんな感じなのかわかりません。
明るくてすらっとしててキレイな方でしたので、素晴らしい絵が撮れてるんじゃないかと思います。

仕上がりを楽しみにしつつ、また残りのツアーも頑張ろうと思います。
学祭、来てくれた方々、ありがとうございました!またお会いしましょう!



アライ

[untitled] 

June 07 [Wed], 2006, 3:19
ただいま大阪へ向け深夜の高速をぶっ飛ばし中のdiscordです。
先日のさいたま新都心HR、最っ高でしたね。
素晴らしい夜でした。きっと来てくれたお客さんもそう思ってくれたのでは、と思っています。
メンツも素晴らしいし、そしてそれぞれのバンドが最高の演奏をしていました。
これはもう、オレたちも絶対にいいライヴをせねばなるまいと、気合い入れてやりましたが、みなさんの心に届いたのでしょうか。

3ヶ所だけだけど、一緒にまわっているFLAMING ECHOがあまりにカッコよすぎて、共演できる喜びに浸ってます。残すは千葉LOOK。この日は最高の夜になるでしょう。

今日の大阪も気合い全開で行きます。是非。



アライ

[untitled] 

June 05 [Mon], 2006, 1:53
UNDER THE COUNTERの紅一点ドラマー山脇祐湖さんが、バンドのホームページのdiaryで、リリーフランキー著「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を絶賛していまして、その影響で僕も読んでみました。
もともと本はけっこう読むほうなんだけど、最近はあまり読んでなかったので、久しぶりに夢中になって読みました。
すっごいいい本ですね。僕の中でリリーフランキーさんに対する考え方が180℃変わりました。

ツアー中なので、移動する車や、待ち時間中によく読みましたが、本気で泣きます。
これはオススメです。
知り合いにも薦めようとしたら、大ベストセラー中だということを知りました。
こんないい本、売れないほうがおかしいっすよね。

表現の捉え方は人それぞれだと思いますが、この本、僕はすごく「死」をリアルに感じました。
「死ぬ」ってどういうことだろうね。子供のころ、夜中によく考えたものです。考えれば考えるほど怖くなってよく泣いたものです。そういう経験ないですか?

どうせ死ぬなら、カッコよく死にたい。その為にいろんなこと頑張って、「オレの人生サイコー!!」ってな感じにくたばりたい。
でも何をどう頑張ればいいんだろう?それを誰が認めてくれるんだろう?

discordは今ツアー中で、いろんな場所でライヴさせてもらって。
いろんな人達に見てもらって、中には何度も見に来てくれる人もいて。
本当に感謝しています。どうもありがとう。

だから、誰もが最高と思ってもらえるような、わざわざ来てくれたあなたに、「また来よう」と思ってもらえるようなライヴをやりたいんです。
でもなかなかうまいこといかなかったりして、「金返せ」と言われたら返さざるを得ないような(破産するわ)ライヴだったり。

ようやくツアーも中盤戦、折り返し地点をすぎて、ちょっと疲れてるのですかね。
もともといろんなことにすぐ考えこむタイプなんで、この本読んだらまたいろんなこと考えてしまいました。
長々と訳わかんないこと書いてすみません。
今日はさいたま新都心。よろしくです。



アライ

[untitled] 

May 21 [Sun], 2006, 16:42
ちょっと前ですが、レコーディングの合間にロストインタイム日比谷野音を見に行きました。
見に行った方はわかると思いますが、まるで短距離走のごとく生き急ぐようなライヴでした。
本編が始まり最後の曲までほぼノンストップでやり通す男気炸裂のライヴでしたね。
アンコールも素晴らしかったです。

そんなロストインタイムからの、2枚目になるライヴDVDが発売されました。
タイトルのごとく、その日の出来事を記録してまんま出しましたみたいな感じです。素敵です。

「時計」で、僕が1番好きな曲は「冬空と君の手」という曲なんですけど、野音でもやらなかったし、DVDにも収録されてないですよね。ツアーでやってないんですかね?
それにしてもギターうまいすね。「羽化」とか「ヒカリ」とかヤバイすよね。どんだけうめえんだよみたいな。

僕の中でエモーショナルなベースヴォーカルといえばMATSUMURAことまっちゃんか海北くんのふたりを挙げます。
エモーショナルという表現は言葉では簡単ですが、実際にそれを体現することは容易じゃないことだと思います。自分もエモーショナルなドラムというものを凄く意識しますが、全然ヘナチョコです。ショボくてへこみます。

ライヴでの海北くんは普段の温厚な彼とは違って、出す音ひとつひとつが感情的だと思います。
まだ見たことない方は見たほうがいいですよ。
DVDもいいけど、やっぱ生が1番です。

今日の1曲「蛍」LOST IN TIME


アライ
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:discord
読者になる
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像褌一丁
» [untitled] (2008年10月21日)
アイコン画像よしと
» [untitled] (2008年10月01日)
アイコン画像名医
» [untitled] (2008年09月27日)
アイコン画像まあむ
» [untitled] (2008年09月24日)
Yapme!一覧
読者になる