…。ぇw 

July 02 [Sat], 2005, 2:46
注目ッ!!!!!

ブログを書くことに決定しました(ノ∀`)タハー

だいたいゎその日に起きたことじゃなくて、

その日に想ったことを書くと思うタブン

今まで裏日記書いてて仲良いダチにしか見せてなかったケド、

こうやって皆にブログを公開することで

1人でも多くの人が共感することが出来たなら、

私にとっても嬉しいことだし、相手にとってもマイナスになることはないと思う。

だからぁ!!!!!何

…このブログゎ公開します。ぇw

何か共感したりしたらコメントょろしくです((*´ω`))ウキョキョ

でも…
残念ながら中傷ゎ受け付けてません。ぇw

今日から書き始めたケド、
先月の所に裏日記に書いたりしてた詩みたいなのを同じく載せたんで、
ょかったら読んでくださぃ
ちょぃ暗いモノばっかだけど(*゚д゚)(゚д゚*)ネー  ぇえ

…。 

June 10 [Fri], 2005, 2:30
真っ暗で静かな真夜中、
生身の体を傷付けた。
もう耐えられなかった。
自分の気持ちに耐えられなかった。
抑えることが出来なくて、
涙とだけが流れた
透明で澄んだ涙ではなく、
どことなく濁った涙。
汚れた心を表現しているかのように
涙が教えてくれた。
綺麗で真っ赤な
心がどう汚れていようと
これだけは綺麗だった。
心の傷が手首に刻まれ、
この苦しさを傷付けることで
誰かに知らせる。
助けを求める。       

だけど、
その傷を隠すので必死なんだ。
そんな弱い人間だってことは
知ってもらいたくない。
ただの強がりだけが邪魔をする
助けてもらいたいのに
自分の強さが時に邪魔をする。
弱いだけじゃ駄目なのに、
強いだけでも駄目。
こんな半端な自分、
いなくなればいいのに…。

冷め切った心 

June 09 [Thu], 2005, 2:30
あの日から僕が笑わなくなった理由をあなたは知っていますか?

人を信じた為に裏切られ、傷付き、笑う事を忘れた

この痛み誰が分かってくれますか?

人を信じる事も忘れた

だから僕が傷付く事は二度とない

人を信じれば信じる程、深みにはまっていき裏切られやすくなる

裏切られたら傷付くだけ傷付いてそこで終わり

裏切られるくらいなら、もう人を信じることはしない

自分を守る為なら何でもするよ

仮面を被ってもう一人の僕を造るんだ

仮面を被った僕なら笑うことも出来る

偽善者ぶって綺麗事並べた言葉だけを口にする

仮面を外せばいつもの笑わない僕が現れ、冷たい眼差しで見つめる

こうして人に裏切られない自分を造りだし、自分を守っていくんだ

無題 ぇw 

June 08 [Wed], 2005, 0:39
結局誰も分かってくれないんだね

気付けばいつも一人だった

寂しい思いばかりしていた

人間なんて孤独なんじゃん

誰も分かってくれないから

一人で決めて生きていかなくちゃ駄目なんだよ

相談したって無駄

最終的に決めるのは自分なんだしね

これから先も一人なんだろうな

一生孤独と戦い続けて誰よりも強くなってやるんだ

誰も僕のことを越せないくらいに僕は強くなって

上に行ってやるから

絶対いつか皆に見返す日が来る

自分が変わる日が絶対来るんだ

smoke 

June 07 [Tue], 2005, 2:30
煙草のケムリって何処に行くの?

火を付けた瞬間からケムリは漂い

空に吸い込まれていく

今の僕も空に消えたくって漂い続けている

でも消えないでそのまま定位置につき

また何かを始めようと漂っている

早く消えてしまいたい

あの綺麗な青空に昇って

あの白い雲と一緒に流れたい

いつかそういう日が来るんだよね

それまで此処で漂うしかないんだ…

a song 

June 06 [Mon], 2005, 2:30
歌が心に伝わった

全身に響きわたって

心に染みわたる

心がで満たされる瞬間

僕の心は温かくなる

今まで触れても冷たかった心が温かい

また冷たくなっても

また歌を聴けばいい

その繰り返しで心は心のままでいられるんだ

a word 

June 05 [Sun], 2005, 2:30
ごめんね。

この一言で全て事が済むと思ってたあの頃

だから気付いたらいつも謝ってた

でもそうじゃないんだね

気付けたのはいつの日だったかな…

いつもそうやって逃げてばかりいた

逃げて辿りついた先は何もなかった

それでも別に良かったんだ

逃げて自分が無傷なら良かったんだ

周りは誰もが傷だらけだった

僕は生まれたての様に綺麗だった

それが綺麗で綺麗で綺麗なままでいたくて

だから逃げてたんだ

『少しは傷付いてもいいんだよ?』

誰が教えてくれたのだろう

知らない間にもう傷付いてた

やっと皆の仲間になれたんだ

このまま皆と一緒に傷付いて行こう

Broken Heart 

June 04 [Sat], 2005, 2:30
私があなたに愛されてないって知った時の気持ち知っていますか?

私があなたを愛する気持ちも薄れて

それは憎しみに変わっていた

ガラスのようにもろくて繊細なこの心に

あなたは傷を残した

ヒビが入ってあとは割れるのを待つだけ

ある日 音を立てて崩れた

バラバラに落ち去ったその心の破片には

今までの思いがバラバラになって映し出されている

その心の破片を一つ一つ

また一つ拾い集めても

どこかが欠けて完全な心にはもう戻らない

欠けてぽっかりと空いたその破片には

どんな思いが込められていたの?

大切な思いを何処かに落とした

愛するというこの大切な思いを失くしてしまった事を

誰が教えてくれるの?

愛するというこの思いを何処かに置き忘れたまま彷徨う私

誰か私の心の破片を拾ってはめ込んで

そして私をここから救って…

あなた 

June 03 [Fri], 2005, 14:30
風邪を引いた

それを心配してくれるあなた

風邪を引いただけなのにあんなにも心配してくれたよね

いつもより優しく声かけて心配してくれた

いつもよりその優しさが心に沁みた

風邪が治った

それを安心してくれるあなた

あなたは心から安心したっていう声を出して

『良かった。』って言ってくれたよね

いつもより安心した声を聞いて私も安心したよ

いつもよりその安心した声が心に響いた

風邪を引いただけで心配してくれて気にかけてくれる

『また風邪引きたい。』ってバカな事思ったり

心配かけて悪いなぁって思った

でもその心配してくれる思いが本当に嬉しかった

私にも心配してくれるそんな人がいるんだなぁって実感できた

本当にありがとう

信用 

June 02 [Thu], 2005, 14:30
人に裏切られた時

人に嘘をつかれた時

自分が絶望的になっている時

そんな時 人は人を信用できなくなる

信用できないままただ彷徨っているだけ

誰もがいつか人を信用できなくなる壁にぶつかる

人を信じるって何?

誰を信じたらいいの?って全て疑問に感じる

それは自分自身の事も信用してないからだ

そんな時は無理に人を信じようとしなくたっていい

まず自分に素直になって自分を見つめ直す

そして自分を信じるんだ

そうしたら誰かを信用する事ができる

急がなくたっていい

ゆっくりでいいから…
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xx_playboy_xx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる