20130128

January 28 [Mon], 2013, 22:23
体脂肪の量(somatic fat volume)は変化が見られず、体重だけが食事や排尿などによって一時的に増減するような時、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が高くなることがわかっています。
肥満(obesity)というのは前提として栄養バランスや食生活の質、運動不足などが素因ですが、内容量の変わらない食事であっても、あっというまに終了する「早食い」をすることによって肥満の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。
手ごわいインフルエンザに適した予防テクニックや治療方法等ベーシックな対策自体は、それが季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであってもほとんど変わらないのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)にある血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことにより、その膵臓からは大半のインスリンが分泌されなくなってしまい発病するという自己免疫性の糖尿病です。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の中が細くなり、血流が途絶えて、栄養や酸素が心筋まで配達されず、筋肉細胞そのものが死ぬという大変怖い病気です。
もし血液検査で実際に女性ホルモンの量が足りなくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かった場合、足りない女性ホルモンを補充してあげる処置で改善が期待できます。
結核をもたらす結核菌は、保菌者がゴホゴホと「咳」をすることによって室内や外気に放出され、空中でフワフワと流されているのを今度は他の人が呼吸しながら吸い込むことでどんどん感染していきます。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなってしまい、血液の流れが途絶えて、必要な酸素や栄養が心筋に配達されず、筋繊維が壊死するという深刻な病気です。
高血圧の状態になると、全身の血管に重い負担となり、身体中のあちこちの血管にトラブルが発生して、合併症になる可能性が大きくなるのです。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害なUV-A波の無理な浴び過ぎは肌に健康障害を招く可能性が高いとして、19歳未満の若者がファッション感覚で日サロを使用する行動の禁止を主に先進国に勧告中です。
人間の体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに機能する糖分、新陳代謝に欠かせない蛋白質など、度の過ぎた痩身ではこの2つに代表される体調を保障するために必ず要る成分までもを減らしてしまっている。
杉花粉症などの病状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜よく眠れないと、それが元凶で慢性的な睡眠不足となり、翌朝起きてからの仕事に悪影響を及ぼすこともあるのです。
今時のオペ室には、レストルームや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備えさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を設けるか、そうでなければ近距離にX線装置のための専門室を併設しておくのが通例である。
吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことですが、喀血の方は喉から肺を通っている気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血というのは十二指腸よりも上部にある消化管から血が出る病状を表しています。
AEDというのは医療資格を有しない普通の人にも扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに従って利用することで、心臓の心室細動に対しての緊急処置の効き目を患者に与えます。


ミュゼ仙台
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xvfe0d41
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xvfe0d41/index1_0.rdf